中村僖良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 僖良(なかむら きよし、1942年4月22日 - ) は、日本の電子工学者東北大学名誉教授。元電子情報通信学会基礎・境界ソサイエティ会長。

人物・経歴[編集]

長野県生まれ。長野県松本深志高等学校を経て[1]、1966年東北大学工学部通信工学科卒業。1968年東北大学大学院工学研究科電気及通信工学専攻修士課程修了、東北大学助手。清水洋の下で、圧電振動子関連の研究を始める。1975年工学博士。1976年東北大学工学部助教授。1988年東北大学工学部教授。1996年電子情報通信学会超音波研究専門委員会顧問[1][2][3]。2000年電子情報通信学会基礎・境界ソサイエティ会長[4]。電気通信工学振興会理事長、半導体研究振興会理事、日本学術振興会弾性波素子技術第150委員会副委員長なども歴任した。定年退職後、PDTラボラトリーを設立[1]

受賞[編集]

  • 電子情報通信学会論文賞 1980[3]
  • 超音波テクノ賞(科学賞)1992[3]
  • 知財功労賞(特許庁長官賞)2002[3]
  • 電子情報通信学会フェロー 2003[3]
  • 日本音響学会功績賞 2011[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 中村僖良先生ご退職 37 号 東北大学電気・通信・電子・情報同窓会便り
  2. ^ 音響工学講座超音波紀伊國屋書店
  3. ^ a b c d e 中村 僖良 ナカムラ キヨシ (Kiyoshi Nakamura)researchmap
  4. ^ 歴代ソサイエティ会長一覧電子情報通信学会
  5. ^ 功績賞日本音響学会
先代
石井六哉
電子情報通信学会基礎・境界ソサイエティ会長
2000年 - 2001年
次代
川北建次