日本音響学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本音響学会
設立年 1936年
種類 一般社団法人
法人番号 2010005018737 ウィキデータを編集
目的 音響学に関する研究の連絡提携及び促進を図り、もって学術文化及び産業技術の振興発展に寄与すること
本部 東京都千代田区外神田2-18-20 ナカウラ第5ビル2F
貢献地域 日本の旗 日本
メンバー 4,006名(2018年3月31日現在)
会長 伊藤彰則
ウェブサイト https://acoustics.jp/

一般社団法人日本音響学会(にほんおんきょうがっかい、英称The Acoustical Society of Japan略称ASJ)は、に関するあらゆる分野を取り扱っている学会である。1936年設立[1]

概要[編集]

日本音響学会は1936年4月15日小幡重一石本巳四雄颯田琴次田口三郎の呼びかけにより設立準備委員会が発足し、同年10月15日に石本を会長として設立された[2]。以来、音に関するあらゆる分野の研究者や技術者が多数参加している。

研究委員会[編集]

音声、聴覚、騒音・振動、建築音響、電気音響、音楽音響、超音波、アコースティックイメージングの8分野で組織されており、それぞれ定例の研究会を開催している。

音声研究委員会 (SP)[編集]

音声や話し言葉に関連する科学的・技術的な研究課題を取り扱う。音声研究会[3]電子情報通信学会と共催)を開催している。

聴覚研究委員会 (H)[編集]

聴覚研究会[4]を開催している。

騒音・振動研究委員会 (N)[編集]

騒音・振動研究会[5]を開催している。

建築音響研究委員会 (AA)[編集]

建築音響研究会[6]を開催している。

電気音響研究委員会 (EA)[編集]

電気音響研究会[7](原則として電子情報通信学会 応用音響研究会と共催)を開催している。

音楽音響研究委員会 (MA)[編集]

楽器の音や歌の声、さらにはそういった音を生み出す楽器、その製作技術、そして音楽演奏、作曲などに関する研究を取り扱う。音楽音響研究会[8]を開催している。

超音波研究委員会 (US)[編集]

超音波研究分野における基礎や材料から,通信的・動力的応用などに関連するすべての課題を取り扱う。超音波研究会[9](電子情報通信学会と共催)を開催している。

アコースティックイメージング研究委員会 (AI)[編集]

「音でみる」「音をみる」ことをテーマとし,領域横断的な活動を実践する。アコースティックイメージング研究会[10]を開催している。

研究発表会[編集]

春季(3月)・秋季(9月)の年2回開催される最大の行事。春季は東京かその周辺、秋季はそれ以外の地域で開催される。

支部[編集]

関西・東海・東北・九州・北陸に支部が存在し、それぞれ研究発表会・見学会などを開催している。

出版事業[編集]

コロナ社より、音響工学講座(全8巻)・音響テクノロジーシリーズ(既刊15冊)・音響入門シリーズ(既刊3冊)・音響サイエンスシリーズ(既刊2冊)を刊行している。

論文誌[編集]

和文誌として日本音響学会誌、英文誌としてAcoustical Science and Technologyを発行している。

歴代会長[編集]

会長 在任期間
1 1 Ishimoto Mishio in 1929.jpg 石本巳四雄 1936年 - 1940年
2 2 寺沢貫一 1940年 - 1943年
3 3 Hidetsugu Yagi.jpg 八木秀次 1943年 - 1951年
4 4 佐藤孝二 1951年 - 1957年
5 5 丹羽保次郎 1957年 - 1959年
6 6 実吉純一 1959年 - 1963年
7 7 守田栄 1963年 - 1967年
8 実吉純一 1967年 - 1969年
9 8 粟屋潔 1969年 - 1971年
10 9 早坂寿雄 1971年 - 1973年
11 10 五十嵐寿一 1973年 - 1975年
12 11 伊藤毅 1975年 - 1977年
13 12 二村忠元 1977年 - 1979年
14 13 石井聖光 1979年 - 1981年
15 14 中島平太郎 1981年 - 1983年
16 15 城戸健一 1983年 - 1985年
17 16 三浦種敏 1985年 - 1987年
18 17 子安勝 1987年 - 1989年
19 18 吉川昭吉郎 1989年 - 1991年
20 19 難波精一郎 1991年 - 1993年
21 20 曽根敏夫 1993年 - 1995年
22 21 橘秀樹 1995年 - 1997年
23 22 上羽貞行 1997年 - 1999年
24 23 桑野園子 1999年 - 2001年
25 24 Sadaoki Furui cropped 1 Sadaoki Furui 201611.jpg 古井貞煕 2001年 - 2003年
26 25 山崎芳男 2003年 - 2005年
27 26 鈴木陽一 2005年 - 2007年
28 27 森本政之 2007年 - 2009年
29 28 山本貢平 2009年 - 2011年
30 29 赤木正人 2011年 - 2013年
31 30 渡辺好章 2013年 - 2015年
32 31 中村健太郎 2015年 - 2017年
33 32 安藤彰男 2017年 - 2019年
34 33 伊藤彰則 2019年 -

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 日本音響学会の概要
  2. ^ 山崎, 芳男「会長就任にあたって―多様性を支えるコミュニケーション」『日本音響学会誌』第59巻第7号、日本音響学会、2013年、 357頁。
  3. ^ 音声研究会ホームページ” (日本語). www.ieice.org. 2018年11月30日閲覧。
  4. ^ 聴覚研究会 Technical Committee of Psychological and Physiological Acoustics”. asj-hcom.acoustics.jp. 2018年11月30日閲覧。
  5. ^ 一般社団法人 日本音響学会 騒音・振動研究委員会”. asj-ncom.acoustics.jp. 2018年11月30日閲覧。
  6. ^ asj-aacom.acoustics.jp”. 2018年11月30日閲覧。
  7. ^ 電気音響研究会 / 応用音響研究会 (EA)” (日本語). asj-eacom.acoustics.jp. 2018年11月30日閲覧。
  8. ^ 音楽音響研究会 – 一般社団法人 日本音響学会 音楽音響研究委員会” (日本語). musical-acoustics.org. 2018年11月30日閲覧。
  9. ^ 超音波研究会”. www.ieice.org. 2018年11月30日閲覧。
  10. ^ アコースティックイメージング研究会”. asj-aicom.acoustics.jp. 2018年11月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]