北野幸伯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

北野 幸伯(きたの よしのり、1970年 - )は、国際関係の研究者。モスクワ国際関係大学国際関係学部卒業。メールマガジン『RPE(ロシア政治経済ジャーナル)』を発行。ロシア連邦モスクワ在住の日本人である。

略歴[編集]

1970年長野県松本市に生まれる。長野県松本深志高等学校を卒業後の1990年、19歳のときにソビエト連邦モスクワに留学。その理由は、ミハイル・ゴルバチョフに憧れたから[1][2]。ソビエト連邦外務省付属のモスクワ国際関係大学国際関係学部に入学。1996年に大学を卒業、修士となる。北野は、日本人としては初のモスクワ国際関係大学卒業生となる[2]

大学卒業後、カスピ海北西岸・カルムイク共和国ロシア連邦を構成する一国)の大統領キルサン・イリュムジーノフの顧問をつとめる。北野は大統領に

  • 「日本から最新の農業技術を持ってきて、カルムイク共和国を農業大国にする」
  • 「観光資源としてチベット仏教を発展させ、日本の仏教界と結びつけることで仏教を大復興させる」
  • 「日本企業を呼び込んで投資させる」

と話したという[2][3]

2003年、日本企業のロシア進出をアドバイスする会社『International Most Trading Ltd.』をザンツェフという人物(のちに病没)とともにを設立した。[要出典]

2001年9月より、増田俊男が主宰編集する月刊誌「力の意志」(サンラ出版)で「グローバルアイ・ロシア」を連載。

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 北野幸伯『ボロボロになった覇権国家』6ページ
  2. ^ a b c 「北野の声」|北野幸伯公式ホームページ”. 北野幸伯. 2010年6月14日閲覧。
  3. ^ 北野幸伯『隷属国家日本の岐路』17 - 18ページ

外部リンク[編集]