尾関雅則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

尾関 雅則(おぜき まさのり、1924年(大正13年)1月29日 - 2014年(平成26年)1月1日[1])は、日本電気工学者。鉄道技術者。元鉄道総合技術研究所理事長[1]

経歴[編集]

愛知県名古屋市生まれ。旧制長野県立松本中学(長野県松本深志高等学校)、旧制松本高等学校理科を経て1946年東京帝国大学電気工学科卒業、同年運輸省に入省[1]1972年日本国有鉄道[1]電気局長に転じ、1975年同理事。1979年日立製作所[1]に転じ、1981年同取締役。1985年情報処理学会会長就任。1987年鉄道総合技術研究所理事長に就任[1]し、1990年退職。

叙勲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h “尾関雅則さんが死去 鉄道総合技術研究所の初代理事長”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞). (2014年1月9日). オリジナル2015年1月8日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2015-0109-0355-04/www.asahi.com/articles/ASG194HJYG19UTIL01L.html 2015年1月8日閲覧。 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]