田中勝人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田中 勝人(たなか かつと、1950年10月28日 - )は日本経済学者である。専門は統計学一橋大学副学長を経て、学習院大学経済学部教授。2006年日本統計学会理事長。

人物[編集]

長野県松本市生まれ。長野県松本深志高等学校を経て、1973年一橋大学経済学部卒業。1979年にオーストラリア国立大学博士号を取得。一橋大学大学院経済学研究科教授や、マサチューセッツ工科大学ポスト・ドクトラル・フェロー、オーストラリア国立大学客員研究員、ケンブリッジ大学客員研究員、ロンドン大学客員研究員等を務める。

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1979年 金沢大学法文学部講師
  • 1981年 金沢大学経済学部助教授
  • 1984年 一橋大学経済学部助教授
  • 1990年 一橋大学経済学部教授
  • 1998年 一橋大学大学院経済学研究科教授(2005年 - 2007年 経済学研究科長)
  • 2008年 一橋大学副学長(中期目標・計画担当)
  • 2013年 学習院大学経済学部経済学科教授
  • 2014年 一橋大学名誉教授
    “Econometric Theory” Co-Editor、“Journal of Signal Processing” 編集委員、日本学術振興会専門委員、統計数理研究所運営協議会副会長等も歴任。

著書[編集]

単著[編集]

  • Time Series Analysis: Nonstationary and Noninvertible Distribution Theory, (John Wiley, 1996).
  • 『経済統計』(岩波書店、1996年/第2版、2002年)
  • 『計量経済学』(岩波書店、1998年)
  • 『統計学』(新世社、1998年)
  • 『現代時系列分析』(岩波書店、2006年)

共著[編集]

受賞[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ PAST TJALLING C. KOOPMANS PRIZES” (英語). Econometric Theory英語版. 2014年9月12日閲覧。
  2. ^ 学会賞受賞者一覧”. 日本統計学会. 2014年9月12日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]