卜部敏直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
うらべ としなお
卜部 敏直
Toshinao Urabe cropped 1 Eamon Gilmore and Toshinao Urabe 20110324.jpg
2011年3月24日、在アイルランド大使館にて
生誕 (1950-01-09) 1950年1月9日(67歳)
日本の旗 東京都
国籍 日本の旗 日本
出身校 一橋大学法学部卒業
職業 フィリピン駐箚特命全権大使
卜部敏男

卜部 敏直(うらべ としなお、1950年昭和25年)1月9日 - )は、日本外交官アイルランド駐箚特命全権大使を経て、2011年3月から2014年8月5日までフィリピン駐箚特命全権大使。

経歴・人物[編集]

東京都出身。父卜部敏男は外交官で1969年から1974年まで駐比大使を務めている。卜部自身も父親の赴任に従いフィリピンの幼稚園で幼年時代を過ごしている。東京都立新宿高等学校から一橋大学法学部に入学。一橋大在学中に外務公務員採用上級試験に合格する。1974年(昭和49年)一橋大を卒業し、外務省に入省した。

2012年(平成24年)11月22日フィリピンマニラ首都圏のホテルで講演し、尖閣諸島をめぐる対立で日中関係が悪化したことに触れ、両国関係の重要性を強調し関係改善を訴えるとともに、尖閣諸島7歴史的にも日本固有の領土であると日本政府の立場を説明した [4]

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (日本語) 大使挨拶および略歴”. 在フィリピン大使館 (2011年5月). 2011年9月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月11日閲覧。
  2. ^ (日本語) 〔フィリピン大使〕卜部敏直氏”. 時事ドットコム (2011年3月). 2011年5月11日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ [1]外務省
  4. ^ (日本語) 駐比大使、日中関係改善を 「尖閣は日本固有の領土」説明に中国メディア反論”. MSN産経ニュース (2012年11月22日). 2012年11月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年11月22日閲覧。

外部リンク[編集]