土田豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

土田 豊(つちだ ゆたか、1898年1月 - 1976年6月19日[1])は、昭和時代日本外交官。駐エジプト大使。

経歴[編集]

東京都出身。1921年1月、外務省嘱託となり、同年10月に高等文官試験外交科試験を合格。翌年3月、東京帝国大学法学部法律学科を卒業し、領事官補に任官。1923年1月には外交官補としてフランスへ赴任。1928年中華民国駐在公使館書記官。1932年2月、駐仏大使館書記官となり、国際連盟関係の事務に從事。1936年11月にはジュネーブ領事を兼任。

帰国して通商局第2課長、大臣官房会計課長、東亜局第2課長等を歴任後、1939年12月に大使館1等書記官兼総領事として中国へ赴任。1944年11月、駐中特命全権公使に任命。戦後1949年に退官するが、再入省し1956年1月からエジプト駐在特命全権大使に任命され、以後アフリカ各地に駐箚。1961年5月、退官。

脚注[編集]

  1. ^ 『新版 日本外交史辞典』613頁。

参考文献[編集]

  • 外務省外交史料館日本外交史辞典編纂委員会『新版 日本外交史辞典』山川出版社、1992年。