宇佐美珍彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宇佐美 珍彦(うさみ うずひこ、1893年明治26年)11月27日[1] - 1969年(昭和44年)12月21日[2])は、日本外交官。駐エジプト公使

経歴[編集]

長野県出身。1918年大正7年)、東京帝国大学法科大学政治科を卒業し、高等試験行政科に合格した[1]農商務省に入省し、1920年(大正9年)に外務事務官・臨時平和事務局勤務に転じ、外交官補・国際連盟帝国事務局勤務、フランス大使館三等書記官、同二等書記官、外務事務官・条約局第一課勤務、同亜細亜局第一課勤務、安東領事、外務書記官・通商局第二課長、福州総領事、奉天総領事、ドイツ大使館参事官などを歴任[1][3]1940年(昭和15年)、駐エジプト公使に就任[3]

1941年(昭和16年)、興亜院経済部長に転じ[3]1942年(昭和17年)からは大東亜省支那事務局長となった[4]1944年(昭和19年)からは駐中華民国特命全権公使・在上海大日本帝国大使館事務所長を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 大衆人事録 1930.
  2. ^ 戦前期官僚制研究会編『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』東京大学出版会、1981年、p.42。
  3. ^ a b c 人事興信録 1941.
  4. ^ 人事興信録 1943.

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1930年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版(上)』人事興信所、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版(上)』人事興信所、1943年。