小林亀久雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 亀久雄(こばやし きくお、1894年明治27年)1月 - 1941年昭和16年)10月9日[1])は、日本外交官。駐アフガニスタン公使

経歴[編集]

東京府出身。1918年大正7年)、高等試験に合格[2]。翌年、東京帝国大学法学部法律科を卒業し、農商務属となった[2]1920年(大正9年)に外務省に転じ、外務事務官国際連盟事務局事務官、外務省条約局勤務、フランス大使館三等書記官、同二等書記官、チェコスロバキア公使館二等書記官を歴任[2]1933年(昭和8年)、外務省条約局第一課長となり、1936年(昭和11年)に通商局総務課長に転じた[2]。さらにベルギー大使館参事官ジュネーブ総領事を経て、1941年(昭和16年)4月に駐アフガニスタン公使に任命された[3]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第12版(上)』人事興信所、1939年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版(上)』人事興信所、1941年。