山名義鶴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1952年

山名 義鶴(やまな よしつる、明治24年(1891年9月17日 - 昭和42年(1967年2月26日)は、大正昭和社会運動家。男爵貴族院議員。正四位勲二等

概要[編集]

男爵山名義路の嫡男として青森県に生まれるが、後に京都府京都市に転居して同地で育つ。

京都府立第五中学校第三高等学校を経て東京帝国大学を卒業。

三高時代、同級生の麻生久棚橋小虎らとともに三高内に縦横会を組織、酒井校長弾劾運動など進歩的学生運動を起こす。東京帝国大学に進学し、新人会で活動。 大学卒業後は大原社会問題研究所、等で活動。日本労働者教育協会主宰。財団法人中東調査会理事長、公安審査委員会委員等歴任。

生涯[編集]

男爵山名義路、母トヨの嫡男として青森県に生まれる。京都府立第五中学校から第三高等学校に入学し、同級生の麻生久棚橋小虎らとともに三高内に縦横会を組織、酒井校長弾劾運動など進歩的学生運動を起こす。その後東京帝国大学に進学し新人会で活動、1917年に帝大を卒業すると麻生宅で棚橋・岸井寿郎らと社会問題研究会である木曜会の集まりをはじめる。1920年に大原社会問題研究所へ研究員として入所し、1922年に大阪労働学校の創立に参加し、その講師となる。1924年日本労働総同盟中央委員会政治部顧問となるも、2年後の総同盟第2次分裂で日本労農党創立に参加する。1928年日本大衆党中央委員となり、1932年全国労農大衆党に参画するも、国家社会主義支持を鮮明にしたことで同党を離党し、日本国家社会党常任中央執行委員となる。1940年に山名男爵家を襲爵し、1946年8月23日に貴族院男爵議員[1]となった。1942年には財団法人仏教圏協会理事長にも就任。

戦後、1947年総選挙兵庫県第5区 (当時)から日本社会党公認で出馬するも次点で落選し、公職追放処分を受ける。1948年に追放解除後は、仏教圏協会理事長の傍ら大阪厚生信用金庫理事(1950年)や公安審査委員会委員(1952年~1967年)を務め、1956年に日本労働者教育協会主宰・同理事長となる。1955年には財団法人中東調査会理事長に就任し、1962年に顧問に退くものの死去まで同調査会に関わった。また盟友の西尾末広・進藤竹次郎を通じて社会党右派の政策的なサポートを行い、民主社会党(後の民社党)結成にも尽力、1964年には民主社会主義連盟理事にもなった。

法名、慶雲院殿慈光義鶴大居士。

家系[編集]

その他[編集]

  • ペンネームは村岡平吾。
  • 生前叙勲の話が有ったが本人が辞退した。
  • 民主社会党葬の申し入れが党から有り、山名家が断ったが、葬儀委員長は民主社会党委員長西尾末広が務めた。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5887号、昭和21年8月28日。

外部リンク[編集]


その他の役職
先代:
井上清一
中東調査会理事長
第2代: 1959年 - 1961年
次代:
土田豊
日本の爵位
先代:
山名義路
男爵
村岡山名家第2代
1940年 - 1947年
次代:
華族制度廃止