玉井日出夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

玉井 日出夫(たまい ひでお、1948年9月5日[1] - )は、日本の文部官僚文部科学審議官(文教担当)文化庁長官を歴任。現在、玉川大学教授。

来歴[編集]

愛媛県松山市出身。広島国泰寺高等学校を経て[2]東京大学法学部第2類(公法コース)を卒業の後、同第1類(私法コース)に学士入学[3]1974年昭和49年)に旧文部省に入省。総括審議官大臣官房長を歴任したのち2007年平成19年)から文部科学審議官(文教担当)2009年平成21年)7月より19代目の文化庁長官に在任[4]し、2010年に退官。2011年に学校法人北海学園特任教授。2012年から玉川大学芸術学部教授(文化政策などを担当)。

一般財団法人教職員生涯福祉財団副理事長を務めていたが、2017年初頭に問題となった文部科学省における再就職等規制違反を受けて辞任することとなった[5]。また、同違反で文書厳重注意相当とされた[6]

昭和40年代には十時海彦(ととき うみひこ)の筆名で東大俳句会、俳句結社「」の新進俳人として注目された[7]。現在も「天為」に所属。

処分歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]