文部科学省大臣官房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

文部科学省大臣官房(もんぶかがくしょうだいじんかんぼう)は、文部科学省内部部局の一つ。

概要[編集]

大臣官房には珍しい「部」組織を持つ(文教施設企画・防災部)。同部は他の部局との人事交流が少ない一方で、全国に工事事務所を持つ専門性の強い部門であり、ノンキャリア技官の唯一の幹部ポストだった。しかし、2008年に発覚した「文部科学省施設整備汚職事件」以来、キャリアのローテーションに組み込まれた。なお、同汚職事件では銭谷真美事務次官の下、官房総括審議官だった合田隆史(いずれも当時)を直属のリーダーとする調査チームを設置し調査が行われた[1]2018年、大規模災害が多発している事を受け、学校の防災対策・災害発生時の対応を強化する為、文教施設企画部を文教施設企画・防災部に改組した[2]

幹部[編集]

  • 官房長
  • 総括審議官
  • サイバーセキュリティ・政策立案総括審議官
  • 審議官(9)

組織[編集]

  • 参事官(3)
  • 企画官【大臣官房に置くことになっている。省令職である。〈文部科学省組織規則(平成十三年文部科学省令第一号)〉第一条】
  • 人事課
    • 福利厚生室
    • 人事企画官(2)
    • 調査官
    • 人事評価調整官
  • 総務課
    • 広報室
      • 報道専門官
    • 企画官(2)
    • 連絡調整官
    • 情報開示官
    • 個人情報保護専門官
    • 危機管理専門官
    • 能率専門官
  • 会計課
    • 財務分析評価企画官
    • 予算企画調整官(2)
    • 政府調達専門官
    • 国有財産調査官
    • 合同庁舎管理専門官
  • 政策課
    • 評価室
      • 評価専門官
    • 情報システム企画室
      • 情報システム専門官
      • 情報化推進専門官
    • 調査官
    • 企画官
  • 国際課
    • 国際協力企画室
      • 人物交流専門官
      • 海外協力官
      • 国際協力調査官
  • 文教施設企画・防災部
    • 技術参事官
    • 施設企画課
      • 防災推進室
      • 契約情報室
        • 工事契約専門官
      • 企画調整官
    • 施設助成課
      • 計画整備専門官
    • 計画課
      • 整備計画室
      • 企画官
    • 参事官 (施設防災担当)
      • 企画官
      • 監理官

歴代官房長[編集]

現職[編集]

氏名 出身官庁 前職 就任年月日
柳孝 科学技術庁 内閣府大臣官房審議官 2019年7月9日

過去[編集]

氏名 出身官庁 前職 在任期間 後職
坂田東一 科学技術庁 研究開発局 2007年7月11日 - 2008年7月11日 文部科学審議官
森口泰孝 科学技術庁 科学技術・学術政策局長 2008年7月11日 - 2009年7月6日 文部科学審議官
山中伸一 文部省 スポーツ・青少年局 2009年7月14日 - 2010年7月30日 初等中等教育局
土屋定之 科学技術庁 文化庁文化財部長 2010年7月30日 - 2012年1月6日 科学技術・学術政策局
前川喜平 文部省 大臣官房総括審議官 2012年1月6日 - 2013年7月8日 初等中等教育局長
戸谷一夫 科学技術庁 研究開発局 2013年7月8日 - 2015年8月4日 文部科学審議官
藤原誠 文部省 高等教育局私学部長 2015年8月4日 - 2016年6月17日 初等中等教育局長
佐野太 科学技術庁 大臣官房総括審議官 2016年6月17日 - 2017年7月11日 科学技術・学術政策局長[3]
藤原誠 文部省 初等中等教育局長 2017年7月11日 - 2018年10月16日 文部科学事務次官
生川浩史 科学技術庁 大臣官房総括審議官[4] 2018年10月16日 - 2019年7月9日 研究開発局

脚注[編集]

  1. ^ 調査報告 平成20年7月10日 - 文部科学省ホームページ。
  2. ^ editor_assistant (2018年9月26日). “文教施設の防災強化へ 文科省、担当参事官を新設” (日本語). 教育新聞 電子版. 2019年2月27日閲覧。
  3. ^ 収賄で逮捕により辞職
  4. ^ 教育新聞 16日付文科省幹部人事の略歴 2018年10月17日