量子科学技術研究開発機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
National Institutes for Quantum and Radiological Science and Technology.JPG
量子科学技術研究開発機構
正式名称 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
英語名称 National Institutes for Quantum and Radiological Science and Technology
略称 量研機構、QST
組織形態 国立研究開発法人
所在地 日本の旗 日本
263-8555
千葉県千葉市稲毛区穴川四丁目9番1号
北緯35度38分5.5秒東経140度6分7.1秒座標: 北緯35度38分5.5秒 東経140度6分7.1秒
法人番号 8040005001619
予算 539億円
人数 1220名
理事長 平野俊夫
活動領域 量子科学全般
設立年月日 2016年4月1日
前身 放射線医学総合研究所日本原子力研究開発機構
所管 文部科学省(一部の業務については原子力規制委員会共管)
下位組織 放射線医学総合研究所、那珂核融合研究所、六ヶ所核融合研究所、高崎量子応用研究所、関西光科学研究所
ウェブサイト http://www.qst.go.jp/
テンプレートを表示

国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(りょうしかがくぎじゅつけんきゅうかいはつきこう、英:National Institutes for Quantum and Radiological Science and Technology, 略称:量研機構QST)は、日本の研究所。

国立研究開発法人放射線医学総合研究所に国立研究開発法人日本原子力研究開発機構の量子ビーム部門の一部および核融合研究部門を統合して名称変更することにより設立された。

研究分野は放射線医学および、量子ビーム(放射線、高強度レーザー放射光)、核融合である。

研究拠点[編集]

主な施設[編集]

  • J-KAREN:高強度超短パルスレーザー[1]
  • TIARA:イオン照射研究施設
  • SPring-8:大型放射光施設。2つの専用ビームラインを持つ。
  • HIMAC : 重粒子線治療装置
  • JT-60SA : トカマク型核融合実験炉

関連項目[編集]

脚注[編集]