交通安全環境研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

交通安全環境研究所(こうつうあんぜんかんきょうけんきゅうじょ、National Traffic Safety and Environment Laboratory)は、国土交通省所管の独立行政法人である自動車技術総合機構の内部機関。研究所は、運輸技術のうち陸上運送及び航空運送に係るものに関する試験、調査、研究及び開発等を行うことにより、陸上運送及び航空運送に関する安全の確保、環境の保全及び燃料資源の有効な利用の確保を図ることを目的とする(旧独立行政法人交通安全環境研究所法第3条)。

概要[編集]

沿革[編集]

  • 1950年(昭和25年) - 運輸省に運輸技術研究所を設立。
  • 1970年(昭和45年) - 交通安全公害研究所に改称。
  • 2001年(平成13年) - 独立行政法人化。
  • 2016年(平成28年) - 自動車検査と統合し、自動車技術総合機構の内部研究所となる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]