佐藤信夫 (言語哲学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 信夫(さとう のぶお、1932年9月24日 - 1993年5月19日)は、日本言語哲学者。専門はフランス思想および言語哲学

略歴[編集]

東京府(現東京都杉並区)出身。東京大学文学部哲学科卒。國學院大學助教授、教授。おもに「レトリック」に関する著作を数多く残したことで知られている。また翻訳も手掛け、ロラン・バルトなどの訳書がある。

著書[編集]

  • 『記号人間』(1977年、大修館書店
  • 『レトリック感覚』(1978年、講談社/1986年、講談社文庫/1992年、講談社学術文庫
  • 『レトリック認識』(1981年、講談社/1992年、講談社学術文庫)
  • 『レトリックを少々』(1985年、新潮社/『レトリックの記号論』1993年、講談社学術文庫)
  • 『言述のすがた―《わざとらしさ》の修辞学』(1986年、青土社/『わざとらしさのレトリック 言述のすがた』1994年、講談社学術文庫)
  • 『意味の弾性』(1986年、岩波書店/『レトリックの意味論 意味の弾性』1996年、講談社学術文庫)
  • 『レトリック・記号 etc.』(1986年、創知社)
  • 『レトリックの消息』(1987年、白水社
  • 『レトリック事典』(共著)(2006年、大修館書店)

訳書[編集]

参考文献[編集]

  • 『現代物故者事典 1991〜1993』