ヤロスラフ・ペリカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヤロスラフ・ペリカン

ヤロスラフ・ペリカン(Jaroslav Pelikan、1923年12月17日 - 2006年5月13日)は、アメリカ合衆国キリスト教史学者神学者イェール大学名誉教授。マルティン・ルター全集(通称ペリカン版)の編纂者としても知られる。

ルター派教会の牧師の息子としてオハイオ州アクロンに生まれた。ルターの研究者として英訳全集編纂を指導するとともに、エキュメニカルな視点からの文化史的な教会史研究でも知られる。またエキュメニズム運動にも好意的な立場をとり、とくに北米におけるカトリック教会とルター派の交流に大きく与った。のち、1998年に正教会に改宗した。

2006年5月13日肺癌のため死去した。

日本語訳著書[編集]

  • 『ルターからキェルケゴールまで』(聖文舎, 1967年)
  • 『ルターの聖書釈義』(聖文舎, 1970年)
  • 『文化史の中のイエス―世紀を通じての彼の位置』(新地書房, 1991年)
改題『イエス像の二千年』(講談社[講談社学術文庫], 1998年)
  • 『大学とは何か』(法政大学出版局, 1996年)
  • 『聖母マリア』(青土社, 1998年)
  • 『聖書は誰のものか?―聖書とその解釈の歴史』(教文館, 2006年)
  • 『キリスト教の伝統―教理発展の歴史』(教文館, 2006年-2008年)
    • 1巻「公同的伝統の出現―100-600年」
    • 2巻「東方キリスト教世界の精神―600-1700年」
    • 3巻「中世神学の成長―600-1300年」
    • 4巻「教会と教義の改革―1300-1700年」
    • 5巻「キリスト教教理と近代文化―1700年以降」