ウクライナ正教会 (2018年設立)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キリスト教 > 東方教会 > 正教会 > ウクライナ正教会 (2018年設立)
ウクライナ正教会
80-391-9007 Kyiv DSC 5895.jpg
創設者 使徒アンドリーイ
亜使徒聖ヴォロディームィル
独立教会の宣言 2018年12月15日
独立教会の承認 2019年1月6日(コンスタンティノープル総主教庁より)
現在の首座主教 エピファニー
府主教庁所在地 キエフウクライナ
主な管轄 ウクライナ
奉神礼の言語 ウクライナ語
聖歌伝統 キエフ聖歌
ユリウス暦
公式ページ ウクライナ正教会(ウクライナ語)

ウクライナ正教会ウクライナ語: Православна церква України英語: Orthodox Church of Ukraine, Ukrainian Orthodox Church)は、ウクライナにおける正教会の一つである。

正教会は一カ国に一つの教会組織を置くことが原則だが(ウクライナ正教会以外の例としてはロシア正教会ギリシャ正教会ルーマニア正教会日本正教会など。もちろん例外もある)、これら各国ごとの正教会が異なる教義を信奉しているわけでは無く、同じ信仰を有している[1]

概要[編集]

ウクライナ正教会は、ウクライナの全キリスト教会の中で最も信者数の多い教会である。1990年以来、ウクライナの正教会は複数教派の分裂状態にあったが、2018年12月15日に、ウクライナ最大教派であったウクライナ正教会・キエフ総主教庁と、少数教派であったウクライナ独立正教会が統合して、新生「ウクライナ正教会」として発足した[2]。統合に参画しなかった対立教派として、モスクワ総主教庁系のウクライナ正教会があり、「ウクライナ正教会」を名乗る教派が2つ併存している状況である。しかし、モスクワ総主教庁系のウクライナ正教会からも、新生ウクライナ正教会に移籍する者が出ている[3][4]

発足と同日、首座主教としてエピファニー府主教が選任された。首座主教の正式な名称は、「キエフと全ウクライナの府主教」である。ウクライナ正教会・キエフ総主教庁の首座主教であったフィラレート総主教は、エピファニー府主教の着座に伴って離任し、ウクライナ正教会の「名誉総主教」とされた[5]

2019年1月5日コンスタンティノープル総主教庁より独立正教会の地位を認めるトモスが署名され[6]、翌1月6日付けで正式に独立正教会となった[7]

首座主教大聖堂は、ウクライナ首都キエフにある聖ムィハイール黄金ドーム修道院に置かれている[8][9]

日本国内における活動[編集]

日本事務局が東京都三鷹市にある。聖堂は現在のところ国内に献堂されていない。

聖体礼儀は、他教派の聖堂=日本聖公会東京教区・聖オルバン教会(東京都港区)の礼拝堂を借りて隔週日曜日の午後に執り行われている。言語は主にウクライナ語英語、部分的に日本語である。司牧はPaul KOROLUKが担当している。

日本正教会およびロシア正教会駐日ポドヴォリエとは、現在のところ交流は無い。相互領聖については担当教区の主教の判断による。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]