ディオゴ結城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福者 ディオゴ結城
殉教者、司祭
生誕 天正2年(1574年
死没 寛永13年1月10日1636年2月16日
列福日 2008年11月24日
列福場所 日本の旗 日本 長崎県長崎市
列福決定者 ベネディクト16世
記念日 7月1日
テンプレートを表示

ディオゴ結城(ディオゴゆうき、天正2年〈1574年〉 - 寛永13年1月10日1636年2月16日〉)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけてのカトリック司祭イエズス会士。号は了雪。平島公方足利義種室の祐賀の兄とされる。

生涯[編集]

天正2年(1574年)阿波国で誕生[1]もしくは河内国で誕生[2]

天正14年(1586年)、摂津国高槻にあった司祭養成学校(セミナリヨ)に入り、勉学を始めたが、天正15年(1587年)に豊臣秀吉の指令でセミナリヨは移転を余儀なくされ、ディオゴは長崎で幽閉された。その後、幽閉先を脱出したディオゴは文禄4年(1595年)に天草イエズス会に入会。河内浦にあった司祭養成の高等機関(コレジオ)で学び、慶長6年(1601年)に伊東マンショ中浦ジュリアンと共にマカオに渡り、司祭になるための勉学を続けた。帰国後は畿内を中心に活動し、慶長12年(1607年)には伏見の教会の仕事を任され、この年徳島藩蜂須賀家政、平島公方足利義種にキリスト教の教えを説いた。

やがて、江戸幕府によってキリスト教が禁制になり、ディオゴは慶長19年(1614年高山右近らとマニラに追放された。ディオゴはマニラのイエズス会学校で勉学を続け、同地でついに司祭叙階を受けた。元和2年(1616年)、禁教下の日本で活動すべく極秘で長崎に渡り、陸路京へと向かった。こうして再び畿内において司祭として信徒たちを尋ね、秘蹟を授け、教え励ます活動を行うようになった。また、ディオゴはひそかに四国や江戸にまで足を延ばしていたと伝わる。元和5年(1619年)に京で幼児を含めた52名が殉教した「都の大殉教」が起こると、ベント・フェルナンデス神父やミカエル草庵とともに、残った信者らを励ましたり、遺体を葬ったといわれている。

その後、幕府の宣教師捕縛が徹底される中、ディオゴは山中で隠れて暮らしていたが、寛永12年(1635年)阿波国大坂峠で捕縛された。翌寛永13年(1636年)、大坂で穴吊りの刑を受け、3日後に処刑された。平成20年(2008年)11月に長崎で「福者」に列せられた。

なお、那賀川町町史編纂室の調査によると、足利家の史料から新たに発見された家系図によって、ディオゴは室町幕府13代将軍足利義輝の末弟の足利周暠の孫朝能(結城喜太郎)の可能性が高いといわれている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ イエズス会の名簿による
  2. ^ セミナリオの名簿による

関連項目[編集]

外部リンク[編集]