原マルティノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
左下の人物が原マルティノ

原 マルティノ(はら マルティノ、Martinão, 永禄12年(1569年)ごろ - 寛永6年9月7日1629年10月23日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけてのキリシタンイエズス会員でカトリック司祭マルチノ、またはマルチィノとも。天正遣欧少年使節の副使で、使節の少年4人の中では最年少であったが、語学に長け、ローマからの帰途のゴアラテン語の演説を行い有名になる。

経歴[編集]

ローマに残された資料によると肥前国(現在の長崎県東彼杵郡波佐見町)出身といわれ、大村領の名士・原中務の子。両親共にキリスト教徒であり、司祭を志して、有馬のセミナリヨに入った。

巡察師として日本を訪れたアレッサンドロ・ヴァリニャーノは、キリシタン大名大村純忠と知り合い、財政難に陥っていた日本の布教事業を立て直しと、次代を担う邦人司祭育成のため、キリシタン大名の名代となる使節をローマに派遣しようと考えた。そこでセミナリヨで学んでいたマルティノを含む4人の少年たちに白羽の矢が当てられ、マルティノは副使となった。

1590年、日本に戻ってきたマルティノらは翌年、聚楽第豊臣秀吉と謁見した。秀吉は彼らを気に入り、仕官を勧めたが、みなそれを断った。その後、司祭になる勉強を続けるべく天草にあった修練院に入り、コレジオに進んで勉学を続けた。1593年7月25日、他の3人と共にイエズス会に入会した。

1601年には神学の高等課程を学ぶため、マカオのコレジオに移った(この時点で千々石ミゲルは退会)。1608年伊東マンショ、原マルティノ、中浦ジュリアンはそろって司祭に叙階された。

マルティノは当時の司祭の必須教養であったラテン語にすぐれ、語学の才能があった。彼は宣教活動のかたわら、洋書の翻訳と出版活動にも携わり、信心書『イミタチオ・クリスティ』(Imitatio Christi, 『キリストにならう』)の日本語訳「こんてんつすむんぢ」などを出版している。渉外術にすぐれ、小西行長加藤清正とも折衝にあたり、当時の日本人司祭の中ではもっとも知られた存在であった。

1614年江戸幕府によるキリシタン追放令を受けて11月7日マカオにむかって出発。マカオでも日本語書籍の印刷・出版を行い、マンショ小西ペトロ岐部らがローマを目指した際には援助した。

1629年10月23日に死去。遺骸は(正面のファサードのみ残る)マカオの大聖堂の地下に生涯の師アレッサンドロ・ヴァリニャーノと共に葬られた。

参考論文[編集]

  • 橋口佐登司「天正少年使節原マルチノのルーツを探る一・二・三」、『大村史談』24・25・26号、1983・1984年。

関連項目[編集]