アダム・シャール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Adam Schall von Bell.

ヨハン・アダム・シャール・フォン・ベルドイツ語: Johann Adam Schall von Bell1592年5月1日 - 1666年8月15日)は、ドイツイエズス会士。初の中国で宣教活動を行い、また科学者として活躍した。

日本の歴史教科書では「アダム・シャール」と表記され、かつては西洋でも Schaal と書かれることも多かった[1]。しかし、Schallのドイツ語での発音は「シャル」が近い。中国名は「湯若望」(拼音: Tāng Ruòwàng とうじゃくぼう)。

経歴[編集]

1592年神聖ローマ帝国ケルンで生まれ、1611年にローマのイエズス会に入会した。1618年、ヨーロッパを訪問してに帰国するニコラ・トリゴーに率いられ、ヨハン・シュレックやジャコモ・ローらとともにリスボンを出発し、1619年にマカオに到着した。しかし、当時は沈㴶(しんかく)によるキリスト教排撃の最中であり、しばらくマカオから出ることができなかった。

天啓帝が即位してキリスト教排撃が終わった後、徐光啓の招きに応じて1623年北京に赴いた。月蝕を予測し見事に的中したことから名声を博した。1627年には西安に行って布教に従事した。

崇禎帝の時代には徐光啓の進言でシュレックらが改暦の作業を行っていたが、1630年にシュレックは没してしまった。アダム・シャールは後継者として北京の欽天監で改暦に従事した。アダム・シャールは他の宣教師や中国人学者と協力して西洋天文学書を翻訳した。徐光啓と李天経は1631年から1634年までかけてその集成を『崇禎暦書』として宮廷に提出した[2]。その傍らで望遠鏡大砲なども製造した。

1644年が滅び、が中国を支配するようになったが、彼は北京にとどまり、そのまま清朝に仕えることを認められた。アダム・シャールは『崇禎暦書』の略本である『西洋新法暦書』を翌年提出し、時憲暦として施行された。アダム・シャールは順治帝によって欽天監監正(天文台長官)に任じられた。代を除けば、中国で正式な官吏となった初の西洋人であった。しかし、これがかえって伝統的な天文学者や元代以来のイスラム天文学者の嫉妬を買った。

1650年、アダム・シャールは北京の教会(南堂)の改築を行った。

1661年に順治帝が崩御した後、オボイによる摂政時代の1665年に、楊光先による告発によってアダム・シャールを含む8人が収監された(康熙暦獄)。一旦は死刑宣告を受けたが、太皇太后のとりなしでかろうじて釈放され、翌年、北京で客死した。楊光先によるキリスト教排撃はその後もオボイが失脚する1669年まで続き、その間は時憲暦は廃止されていた。

脚注[編集]

  1. ^ デュ・アルド『中国全誌』(1735)やハーバート・ジャイルズ『中国と満州人』(1912)など
  2. ^ 『明史』志7 暦一

参考文献[編集]

関連項目[編集]

関連文献[編集]

  • アドリアン・グレロン 『東西暦法の対立 清朝初期中国史』
矢沢利彦訳注、平河出版社、1986年
  • 『イエズス会士書簡集 中国の布教と迫害』 矢沢利彦編訳、平凡社東洋文庫、1980年

外部リンク[編集]