アダム・シャール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Adam Schall von Bell.

ヨハン・アダム・シャール・フォン・ベルJohann Adam Schall von Bell1591年 - 1666年8月15日)は、ドイツイエズス会士。

日本の歴史教科書では「アダム・シャール」と表記されるが、ドイツ語での表記は「シャル」が近い。中国名は「湯若望」(とうじゃくぼう)。

経歴[編集]

1591年、ドイツ・ケルンで生まれる。1622年中国西安に渡航し、1627年北京に赴き布教に従事した。月蝕を予測し見事に的中したことから名声を博し、崇禎帝に召された。徐光啓と共に西洋天文学書を翻訳し、1642年その集成を『崇禎暦書』として宮廷に提出する。その傍らで望遠鏡大砲などを製造していた。

1644年が滅び、が中国を支配するようになると、彼は西洋天文学によるの作成を命じられ、翌年『時憲暦』を完成して献上した。1646年には順治帝によって欽天監監正(天文台長官)に任じられた。彼は代を除けば、中国で正式な官吏となった初の西洋人であった。しかし、これがかえって伝統的な天文学者や元代以来のイスラム天文学者の嫉妬を買い、讒言によって彼は失脚した。1665年、一旦は死刑宣告を受けたが、太皇太后のとりなしでかろうじて釈放され、翌年、北京で客死した。

関連項目[編集]

関連文献[編集]

  • アドリアン・グレロン 『東西暦法の対立 清朝初期中国史』
矢沢利彦訳注、平河出版社、1986年
  • 『イエズス会士書簡集 中国の布教と迫害』 矢沢利彦編訳、平凡社東洋文庫、1980年