矢沢利彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

矢沢 利彦(やざわ としひこ、1914年大正3年)2月[1]- 2008年平成20年)4月11日)は、日本の東洋学者

1936年東京帝国大学文学部東洋史学科卒。加藤繁和田清の指導を受けた。埼玉大学助教授・教授、1978年定年退官、名誉教授、群馬県立女子大学教授、東洋文庫専任研究員。1986年勲三等旭日中綬章受章。

近世中国(時代)の東西交渉の研究や「喫茶の歴史」が著名で、マテオ・リッチをはじめ、多くの原典史料の訳注解を行った。没後正四位[2]

著書[編集]

  • 『中国と西洋文化』中村書店、1947年
  • 『東西文化交渉史』中村出版社、1957年
    • 『東西文化交渉史』大空社〈アジア学叢書33〉、1997年。復刻版
  • 『中国とキリスト教 典礼問題』近藤出版社〈世界史研究双書11〉、1972年
  • 『国分寺址巡訪 金の巻』泉文社、1979年
    • 『国分寺址巡訪 光明の巻』地人館(すずさわ書店)、2000年
  • 『北京四天主堂物語 もう一つの北京案内記』平河出版社、1987年
  • 『東西お茶交流考 チャは何をもたらしたか』東方書店〈東方選書〉、1989年
  • 『西洋人の見た十六~十八世紀の中国女性』東方書店、1990年
  • 『西洋人の見た中国皇帝』東方書店、1992年
  • 『西洋人の見た十六~十八世紀の中国官僚』東方書店、1993年 
  • 『東のお茶 西のお茶』研文出版〈研文選書〉、1995年
  • 『グリーン・ティーとブラック・ティー』汲古書院〈汲古選書〉、1997年

主な訳書[編集]

主な校訂[編集]

  • 後藤末雄『中国思想のフランス西漸』平凡社東洋文庫全2巻、1974年。ワイド版2003年
  • 後藤末雄訳『ブーヴェ 康煕帝伝』平凡社東洋文庫、1970年。ワイド版2003年

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987年
  2. ^ 読売新聞、2008年5月10日、叙勲記事。