崇禎帝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
崇禎帝 朱由検
第17代皇帝
Ming Chongzhen.jpg
王朝
在位期間 1628年 - 1644年
都城 北京
姓・諱 朱由検
諡号 紹天繹道剛明恪儉揆文奮武敦仁懋孝烈皇帝(南明弘光帝による)
荘烈愍皇帝(順治帝による)
廟号 思宗→毅宗(弘光帝による)
威宗(隆武帝による)
懐宗(清による)
生年 万暦38年12月24日
1611年2月6日
没年 崇禎17年3月19日
1644年4月25日
泰昌帝
賢妃劉氏
皇后 荘烈愍皇后(孝節烈皇后)周氏
陵墓 思陵(元は皇貴妃田秀英の墓)
年号 崇禎 : 1628年 - 1644年

崇禎帝(すうていてい)は、朝第17代(最後)の皇帝。諱は由検(ゆうけん)。廟号ははじめは思宗のちに改めて毅宗(以上は南明弘光帝による)、威宗隆武帝による)、懐宗による)。諡号は弘光帝が紹天繹道剛明恪儉揆文奮武敦仁懋孝烈皇帝としたが、清が荘烈愍皇帝と改めた。また清は崇禎帝を明朝歴代皇帝と同じ北京昌平山に葬り、陵墓を「思陵」とした[1]

生涯[編集]

第15代皇帝であった泰昌帝の第5子として生まれた。天啓2年(1622年)に兄の天啓帝より信王に封じられた。天啓7年(1627年)に天啓帝が急死し、その男子が皆夭折していたため、翌崇禎元年(1628年)に皇位を継ぐことになった。即位すぐに、兄帝の下で専横を振るった宦官魏忠賢を誅殺し、名臣として名高い徐光啓を登用するなど国政改革に取り組んだ。

当時は北に満州族後金が進入し、南では李自成たちの反乱が多発した、まさしく国事多難の時期であり、崇禎帝はこの状況をたった一人で支えようと懸命に努力した。

崇禎帝は天啓帝らと違い、政治に熱心であり、色事にふけるようなこともなく、倹約を心がけていた。しかし猜疑心が強く、臣下を信用できない悪癖を有していた。即位直後から重臣を次々と誅殺してまわり、特に山海関で満州族からの防衛を一手に引き受けていた感のあった名将袁崇煥を誅殺したことは致命的であり、明が滅亡した原因として必ず崇禎帝の猜疑心が挙げられる。在位17年の間に、崇禎帝によって誅殺された重臣は総督7名、巡撫(省長)11名に上り、その他罷免された者も多数おり、このことが重臣達の著しい士気の低下を招くこととなった。

崇禎帝は李自成軍に次々と討伐軍を送るが、その討伐軍を組織するため増税を行ったことにより窮迫した民衆が李自成軍に加わり、まったくの逆効果であった。

崇禎17年(1644年)、李自成の軍は北京を包囲し、3月19日に北京は陥落した。前夜から、崇禎帝は息子たちを紫禁城から脱出させ、側室と娘たちを自ら手にかけて殺害し、皇后周氏の自害を見届け後で、危急を知らせる鐘を鳴らしたが、文武諸官はすべて逃亡し、君側に参じたのは宦官王承恩ただ一人であった。ここにいたって紫禁城の北にある景山で首を吊って自殺した。享年34。李自成の命令で、皇貴妃田秀英の墓が開かれ、崇禎帝と周皇后が合葬された。

娘の長平公主を斬るときは「ああ、そなたはどうして皇帝の女に生まれてしまったのか!」と泣いたという。しかし、泣きながら振るった刀が急所をそれたため、公主は左腕に傷を負ったのみで一命をとりとめ、王承恩の機転で紫禁城を抜け出した。

人物[編集]

  • 崇禎帝は少なくとも彼なりに国のことを案じて大変な努力をしていた。李自成が西安で皇帝に即位した時も「明の皇帝は甚だしく暗君という訳ではないが……」とある程度の評価をしている。その猜疑心により全てが裏目に出て自滅した崇禎帝だが、その原因は明が既に亡国の淵にあり、さらには国政に与る士大夫層が長年の政治的腐敗により使い物にならず、信用ならない存在であることを突きつけられたことにあるといえる。滅亡寸前の明朝の国力を回復させるために、国政改革に身を投じたものの、万暦帝らの悪政によって決定づけられた衰退の流れを止めることができず、最終的に痛ましい最期を遂げなければならなかった。

宗室[編集]

崇禎皇帝像
景山の崇禎帝自害の地に建てられた碑文
  • 后妃
  • 男子
    • 献愍太子(明悼帝) 朱慈烺(1629年 - 1644年?) - 母は周氏。呉三桂により一時擁立されるが、崇禎帝の死後間もなく病死(疑義有り)。
    • 懷隠王 朱慈烜(1630年) - 母は周氏。生後間もなく夭折。
    • 定哀王 朱慈炯(1631年 - 1644年ごろ?) - 母は周氏。李自成の乱で斃死?南明時代に追封される。
    • 永悼王 朱慈炤(生没年不詳) - 母は田秀英。1642年に永王追封が行われているので、それ以前に没しているとみられる。
    • 悼霊王 朱慈煥(1633年 - 1708年) - 母は田秀英。明の滅亡後、王氏を名乗り僧侶として暮らしていたが、後に還俗。清の康熙年間に謀反の罪を問われ、一族もろとも刑死した。
    • 悼懐王 朱慈燦(1637年 - 1639年) - 母は田秀英。夭折。
    • 悼良王[7](1641年9月5日-1643年6月26日) - 名前は無かった。夭折。
  • 女子

脚注[編集]

  1. ^ 清が崇禎帝の正統性を認め、独自の廟号・諡号を贈り、陵墓を造営したのは、清が李自成を逆賊と見なし、自らが明の後継者としてこれを討伐することを「入関」の口実としたからである。
  2. ^ 『清世祖実録』
  3. ^ 『崇禎宮詞注』
  4. ^ 『国榷』
  5. ^ 『嶗山餐霞録』
  6. ^ 『崇禎宮詞注』
  7. ^ 『皇第七子悼良王墓志銘』