紹武帝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
紹武帝 朱聿𨮁
南明
第3代皇帝
王朝 南明
在位期間 1646年12月11日 - 1647年1月20日
都城 広州
姓・諱 朱聿𨮁[1]
生年 万暦33年(1605年
没年 隆武2年12月15日
1647年1月20日
朱器墭
宣皇后
年号 紹武

紹武帝(しょうぶてい、拼音:Shào-wǔ dì)は、南明の第3代皇帝廟号文宗(ぶんそう)。帝号は存在しないが、日本では施行予定だった元号紹武より一般的に紹武帝と称する。

生涯[編集]

兄である隆武帝(唐王朱聿鍵)が即位すると唐王を継いだ。1646年隆武2年)8月、隆武帝が清軍の捕虜となり、その後崩御すると、遺臣により弟である朱聿𨮁が次期皇帝に擁立され、11月5日に広州で即位した。しかし11月18日に、弘光帝の従兄弟にあたる永明王朱由榔も肇慶において即位すると(永暦帝)、両者は清軍の脅威を受けながらも正統性を競い対立、広州の三水において交戦した。この戦いで紹武帝軍は永暦帝勢力を撃退したが、戦闘により政権が弱体化、12月15日には清軍による広州侵攻が行われると、紹武帝軍はほぼ抵抗することなく広州は陥落、紹武帝は裏切り者によって捕らえられた。李成棟中国語版は食物を差し出したが、紹武帝は「お前から1杯の水たりとももらわない、兄上に会わせる顔がない」と言って、首をつって自殺した。

系図[編集]

の太祖・洪武帝朱元璋の第23子、唐定王朱の8世孫にあたる。

太祖洪武帝
朱元璋
 
1唐定王
 朱
 
2唐靖王
 朱瓊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3唐憲王
 朱瓊
 
4唐荘王
 朱芝址
 
5唐成王
 朱弥鍗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
文城王
朱弥鉗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6唐敬王
 朱宇温
 
7唐順王
 朱宙
 
8唐端王
 朱碩
 
朱器
 
9唐王・隆武帝
朱聿鍵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10唐王
 朱聿鏼
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
紹武帝
朱聿𨮁
 
  • 明史』巻118(列伝第6 諸王3 唐王伝)および巻120(列伝第8 諸王5 桂王伝)より作成。


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ は出版物やインターネット上では、「」や「鍔」などの類似文字で代用されることもある。正字体はunicode.org のページを参照。