成化帝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
成化帝 朱見深
第9代皇帝
明憲宗.jpg
王朝
在位期間 1464年2月28日 - 1487年9月9日
都城 北京
姓・諱 朱見濬・朱見深
諡号 継天凝道誠明仁敬崇文粛武宏徳聖孝純皇帝
廟号 憲宗
生年 正統12年11月2日
1447年12月9日
没年 成化23年8月22日
1487年9月9日
英宗
貴妃周氏(孝粛皇后
后妃 廃后呉氏
孝貞純皇后王氏
陵墓 茂陵
年号 成化:1465年 - 1487年

成化帝(せいかてい)は、朝の第9代皇帝見深(けんしん)。廟号憲宗(けんそう)。日本では治世の元号から一般的に成化帝と称される。

生涯[編集]

第6代皇帝の英宗正統帝の長子として生まれる。正統14年(1449年)に土木の変により父帝が捕虜となり叔父の景泰帝が即位すると、一時皇太子に立てられるが間もなく廃立されて沂王に封じられた。

景泰8年(1457年)の奪門の変の結果、正統帝が天順帝として重祚すると再び立太子された。天順8年(1464年)に父帝が崩御すると、跡を継いで即位する。即位後の成化帝は奪門の変で処罰された于謙の名誉回復を行ない、景泰帝の帝号を復活させ、また民情を考慮して政務に励み、琉球哈密暹羅土魯番撒馬児罕などからの入貢も見ている。

しかし末年になると方術に傾倒し道士を重用、道士を礼部侍郎(文部次官)に任命するなど、多くの道士を伝奉官として近侍させるなどの人事を行い、また、自身の乳母で19歳年上の宮女である万貴妃を寵愛したことで朝政は混乱、これに反対する者を監視すべく汪直宦官による諜報機関である西廠を発足させ、臣下の監視を強化させるなどを行っている。

当時後宮では寵姫の万貴妃が専横をふるい、万貴妃の産んだ男子が生後間もなく夭折すると、成化帝と他の妃女との間に懐妊があると万貴妃により堕胎させられていた。その結果、壮年となっても後継の嫡子が存在しない成化帝であったが、後に側近の宦官により万貴妃の手を逃れて密かに育てられた皇子・朱祐がいることを知らされる。これが後の弘治帝である。その事実を知った万貴妃は朱祐の毒殺を計画するが、朱祐は難を逃れ、毒殺に失敗した万貴妃は1487年に憤死した。その死に悲嘆にくれた成化帝も同年に崩御した。享年41。

宗室[編集]

后妃[編集]

男子[編集]

女子[編集]

  • 仁和公主 - 母は順妃王氏[1]。斉世美に降嫁した。
  • 永康公主 - 母は恵妃郭氏。崔元に降嫁した。
  • 徳清公主 - 林岳に降嫁した。
  • 四女(未名) - 夭折。
  • 長泰公主 - 早世した。
  • 仙游公主 - 母は静妃岳氏[2]。早世した。

脚注[編集]

  1. ^ 『憲廟順妃王氏墓志銘』
  2. ^ 『憲廟静妃岳氏墓志銘』

登場する作品[編集]

テレビドラマ