南明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
南明
大明
明 1644年 - 1662年 清
鄭氏政権 (台湾)
南明の位置
南明成立期の最大領域
公用語 中国語
首都 南京紹興福州肇慶
皇帝
1644年 - 1645年 安宗 弘光帝
1646年 - 1662年昭宗 永暦帝
内閣首輔
1644年 - 1644年史可法
1651年 - 1652年沈宸荃
変遷
の首都北京失陥、南京で南明成立 1644年6月19日
福州に遷都1646年8月18日
肇慶に遷都1646年12月24日
ビルマに亡命する1659年
崩壊1662年6月1日
現在中華人民共和国の旗 中華人民共和国
中華民国の旗 中華民国連江県金門県
ミャンマーの旗 ミャンマー
1.台湾に拠った鄭成功の子孫が1683年まで抗戦を続け、明の命脈を保った。
2.南明に公式な国旗は存在しない。

南明(なんみん)は、が首都の北京を失ったのち、明の皇族によって1644年から1662年までの間に華中、華南に立てられた地方政権の総称である。

南明の最大勢力圏(1644年11月)(英語)

概要[編集]

1644年北京李自成に陥落させられ、崇禎帝は万歳山で自殺した[1][2]。副都の南京の官僚は江南へ退避していた皇族の中から新帝擁立を試み、史可法東林派朱常淓中国語版を、馬士英ら反東林派の官僚や盧九徳中国語版宦官万暦帝の孫の福王朱由崧を推した。5月、朱由崧は南京へ入り即位し(弘光帝[1]、史可法らは失脚する。だが、この間に軍が満洲から中国本土へ侵入して呉三桂ら旧明臣を傘下に入れながら順を滅ぼし、華中・華南へと進出を図っていた。1645年4月、清軍の侵攻を受けて南京が陥落し、弘光帝の政権は崩壊した。

1645年6月、魯王朱以海[1]が擁立され、監国と称して紹興に亡命政権が立てられた。同時に福州鄭芝龍黄道周らに擁立された唐王朱聿鍵が即位し(隆武帝[1]、ここに南明は2つの政権が並立する状態となった。朱以海と隆武帝は正当性を巡って争ったが、1646年6月には紹興などが清軍に攻略され、朱以海は海上へ逃れて鄭成功(鄭芝龍の子)の元へ身を寄せた。これにより隆武帝が唯一の皇帝となるが、1646年8月に福州は清軍の侵攻を受け、隆武帝が捕らえられて政権は崩壊した[2]。その後、弟の朱聿𨮁が皇位を継ぐ(紹武帝)が、これも同年のうちに清軍に敗れて自殺した。

1646年10月、瞿式耜中国語版らに擁立された桂王朱由榔(弘光帝の従弟)が肇慶[1]で監国を称し、11月に即位して(永暦帝)政権が成立する。鄭成功や張煌言中国語版らは各地で抵抗し、一時は清を圧倒したが、永暦帝はビルマ呉三桂に捕らえられて[2][3]雲南へ連れられ、1661年昆明で殺された[1]。一方、朱以海を保護する鄭成功は清への反攻の拠点を確保するために台湾へ進出し、1662年政権を樹立したが、同年中に朱以海と鄭成功が病死して南明の滅亡は決定的となった。その後も鄭成功の子孫によって抵抗は続けられる[1]が、1683年鄭克塽が清へ降伏し、復明の道は絶たれた。

皇帝[編集]

元号[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]