ジュゼッペ・キアラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Giuseppe Chiara
生誕 1602年?月?日
死没 1685年8月25日(満8?歳没)

ジュゼッペ・キアラGiuseppe Chiara慶長7年(1602年) - 貞享2年7月25日1685年8月24日))は、イタリア出身のイエズス会宣教師。禁教令下の日本に潜入したが捕らえられ、拷問の責め苦に耐えかねての強制改宗により信仰を捨て、岡本三右衛門(おかもと さんえもん)という日本名を名乗って生きた。遠藤周作の小説『沈黙』のモデルとなったことでも知られる。

略歴[編集]

1602年シチリア王国パレルモで生まれる。イエズス会宣教師となり、棄教した宣教師仲間を救おうと、ヨーロッパ人司祭3人および日本人修道士1人らとともにマニラ経由で日本に潜伏。当時、江戸幕府はいわゆる「鎖国令」(ポルトガル商船の追放およびオランダ人の出島移住)を布告した直後であり、キリシタン禁教令下での警戒が厳しく、寛永20年(1643年)5月、筑前国で捕らえられ、長崎に送られた。

同年7月、江戸に移送され、宗門改奉行井上政重の邸に預けられ、転びバテレンとなっていたクリストヴァン・フェレイラ(沢野忠庵)が協力し、詮議が行われた。また大老酒井忠勝老中堀田正盛らの邸でも取り調べが行われ、その際は将軍徳川家光も自ら検分したという。これらの詮議を受け、そして、想像を絶する拷問を受け、キリスト教の信仰を棄るに至った。ヨーロッパ諸国によるキリスト教布教の真意は国土征服の準備工作であることやキリスト教義の欺瞞性などを白状したため、幕閣の切支丹(キリシタン)に対する警戒感をより高めることとなった。

正保3年(1646年)に小石川の山屋敷(切支丹屋敷。現在の文京区小日向)に移され、同じく入国を企てた仲間と共に収容された。幕命により岡本三右衛門という死刑囚の後家を妻として娶り、そのまま岡本三右衛門の名を受け継いだ。幕府からは十人扶持を与えられたが、山屋敷から出ることは許されなかった。

その後もたびたび切支丹および宣教師についての情報を幕府に提出し、宗門改方の業務も行った。幽閉40年の後、貞享2年(1685年)死去。死後、遺体はキリスト教では禁忌である火葬にされ、小石川無量院に墓石が建てられた。しかしその墓石は明治19年(1886年)、同寺墓地整理のため雑司ヶ谷へ移されるが、その後行方不明となる(子孫が持ち去ったといわれる)。

1943年、雑司ヶ谷霊園で墓碑が発見され、当時、東京・練馬にあったサレジオ神学院に運ばれ、現在は調布市の調布サレジオ神学院に墓碑が設けられている。この墓碑は、2016年1月29日付で、調布市の有形文化財(歴史資料)に指定された。キリシタン史跡が同市の指定文化財になるのは初めてのことである。[1]

また、無量院と隣接していた小石川伝通院には、ジョセフ岡本三衛門の名で供養碑が建てられている。

キリスト教の教義について解説した「天主教大意」を著しており、後にジョヴァンニ・シドッティを尋問するに当たって新井白石が徹底的に研究した。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ キアラ神父の墓碑・文化財指定に チマッティ資料館

関連項目[編集]

外部リンク[編集]