足利義種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

足利 義種(あしかが よしかず/よしたね、天正2年9月2日1574年9月16日) - 寛永7年4月13日1630年5月24日))は、足利義助の子。平島公方3代。は玄徳院。「平島記」を著わしたのは義種である[1]

生涯[編集]

平島公方家側の史料では、大坂の陣の折り、大坂方としての参陣要請があったが、断っているという[2][3]

慶長13年に七浦山を所領としてもらっている。ここで切り出した木材や加工した炭など産物は平島公方家の重要な資金源の一つであった。

墓所は平島館にあったというが、現存していない。

家族[編集]

母は大内氏家臣の柳沢主膳正の娘。妻は平島公方家側の史料では足利義輝の弟の足利周暠の孫・祝賀とし、他方、『系図纂要』では中納言の水無瀬氏成の娘という。

子息に足利義次足利義俊宗徳(分右衛門)、飛め、寿満(中津藩士・西山図書室)。

平島記[編集]

「阿州足利平島伝来記」が本来の名前で、他に、「平島家旧記」とも言う。阿波國徴古雑抄所載の書物。寛永6年(1629年)九月に、義種が嗣子義次に書き与えたものである。

脚注[編集]

  1. ^ 平島記の源家平島先祖の中の義種の項目内に、拙者儀也とある。
  2. ^ 阿波公方系譜によると、至鎮帰国後、酒肴と白銀三十枚を贈ったとある
  3. ^ 平嶋記には、至鎮は公方に米三十石を贈ったとある。

参考文献[編集]

  • 「系図纂要」
  • 平島公方史料集
先代:
足利義助
平島公方
第3代
次代:
足利義次