宮崎正勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮崎 正勝(みやざき まさかつ、1942年 - )は、日本の歴史学者。前近代の文明交流史、歴史教育を研究分野とする。

昭和17年生まれで東京都出身。都立九段高等学校、東京教育大学文学部史学科卒業。東京都立三田高等学校都立九段高等学校筑波大学附属高等学校で世界史教諭を勤めた後、筑波大学常勤講師などを経て、1994年(平成6年)に北海道教育大学教育学部教授。筑波大学大学院教育研究科 非常勤講師(1999年-2003年1975年から1987年まで、NHKラジオ・テレビの講座「世界史」の常勤講師。中央教育審議会社会・地理歴史・公民部会専門委員。

著書[編集]

共編著[編集]

  • 「ゆれる社会と知の複合」(編共著) 東京書籍 1996年
  • 「世界史の海へ」小学館 1997年 ISBN 4-09-386015-7
  • 「世界史へ 新しい世界史像を求めて」(共著) 山川出版 1998年
  • 「世界史を動かしたモノ事典」(編共著) 日本実業出版社 2002年 ISBN 4-534-03500-4

脚注[編集]