ざびえる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ざびえる
手前が銀(白餡)、奥が金(ラムレーズン入り餡)の包装

ざびえるは、大分県大分市銘菓バターが効いたビスケット生地の皮に、和風の白餡またはラムレーズン入りを包んだ和洋折衷の焼き菓子である。

概要[編集]

「ざびえる」という名は、日本に初めてキリスト教を伝え、豊後国府内(現在の大分市)でも布教を行ったことで有名なフランシスコ・ザビエルに因んで付けられた[1][2]

箱は、黒を基調に赤の線が入ったビロード風の触感の、高級感のあるものである。個別包装は、銀と金のものとがあり、銀のものは白餡、金のものはラムレーズン入り餡である[1][2]。箱のデザインはキリスト教の聖書をイメージしている[3]

長久堂が1962年から製造・販売していたが、2000年10月に自己破産したため、一時入手できなくなった[1][2]。しかし、旅行者等の土産品としてのみならず、地元住民のお茶請けとして非常に浸透していた菓子であったため、消費者からの復活の要望が強く、長久堂の元従業員が「ざびえる本舗」という新会社を立ち上げ、2001年4月に製造・販売が再開された[1][2]

製造再開時、「ざびえる」を製造する機械の多くは旧長久堂から購入したものの、トンネル窯は老朽化のため使用できず、代わりに比較的安価なラック式オーブンが導入された。試作段階では口当たりがパサつくなどしたため、水蒸気を入れるなど工夫して、改善した。販売を再開した年の11月までに黒字化しなければ廃業する覚悟だったが、8月までに黒字化でき、現在に至っている[3]

2011年6月に既存工場を増設し、トンネル焼成窯を導入した[2][4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 岸朝子『全国五つ星の手みやげ』東京書籍、2008年、760-761頁。ISBN 978-4-487-80135-0
  2. ^ a b c d e よみがえらせた大分の銘菓を全国区に[ざびえる本舗]”. 日刊工業新聞 (2012年9月27日). 2015年2月1日閲覧。
  3. ^ a b 【グルメな逸品】ざびえる(大分県大分市)倒産経て復活 愛される銘菓『朝日新聞』夕刊2018年12月17日(4面)2018年12月24日閲覧。
  4. ^ 銘菓「ざびえる」完全復活最終章-マイタウン大分 asahi.com(朝日新聞)、2011年2月21日[リンク切れ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]