ムラカ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムラカ州
—    —
Negeri Melaka Bandaraya Bersejarah
نكري ﻣﻼﻙ بندارايا برسجارە


紋章
標語:Bersatu Teguh
賛歌:Melaka Maju Jaya
ムラカ州の位置
座標: 北緯2度12分 東経102度15分 / 北緯2.200度 東経102.250度 / 2.200; 102.250
州都 ムラカ・ブルセジャラ特別市
行政
 - 与党 国民戦線
 - 州知事英語版 Mohd Khalil Yaakob
 - 州首相英語版  アヂリ・ザハリ
面積
 - 計 1,650km2 (637.1mi2)
人口 (2007年)
 - 計 770,000人
人間開発指数
 - HDI (2003) 0.810 (high)
国際郵便番号 75xxx - 78xxx
国際電話番号 06
ナンバープレート M
マラッカ王国 15世紀
ポルトガルの支配 1511年8月24日
オランダの支配 1641年1月14日
英蘭協約 1824年3月17日
日本による占領 1942年1月11日
マレーシア連合への加盟 1946年4月1日
マラヤ連邦へのアク 1948年2月1日
マラヤ連邦の一部として独立 1957年8月31日

ムラカ州マレー語: Melaka, ジャウィ: ملاك)またはマラッカ州 は、マレーシア の一つである。

1989年4月15日、マラッカは歴史的な都市と宣言されました。 2008年7月7日以来、ユネスコ世界遺産に登録されました。[1] 2010年10月20日、マラッカが経済協力開発機構(OECD)が定めた「先進国」の基準を満たし、「プログレッシブ・マラッカ2010」の宣言が行われたことを発表するためのイベントが開催された。[2][3] ミレニアム開発目標レポート2015で報告されているように、州には比較的教育を受けた人口があり、青少年識字率は99.5%です。[4] 2016年、マレーシアはマレーシアで最も安全な場所になりました。[5] 州犯罪率は2017年に15.5%低下し、3,096件が記録されたのに対し、2016年には3,663件となった。[6] 2018年7月26日に公表されたState Socioeconomic Report 2017によると、マラッカは2017年に最も低い失業率を記録した州はわずか1.0%であった。[7] 近年、マラッカは数々の国際的な称賛を受けています。 フォーブスやロンリープラネットをはじめとするいくつかの出版物には、アジアの旅行先や世界で最も人気のある旅行先としてリストされています。[8][9] マラッカはTripadvisorによってマレーシアで10のベスト・デスティネーションの1つに選ばれました。[10] Waze Appは、「ドライブする最優秀都市」賞でマラッカを認めました。[11] 世界的に見ると、歴史的な都市は、シドニー、リスボン、バルセロナのような他の主要都市よりも先にランク付けされています。[12] この都市は、HuffPostによって15のベスト・ストリート・アート・シティとしても認められています。[13] また、時間の出版物は、生きると引退する最高の場所の一つとして、マラッカを置きます。[14]

概要[編集]

マレー半島西海岸南部に位置し、州都はムラカ(マラッカ)である。飛び地を1つ有しており、隣のヌグリ・スンビラン州ポート・ディクソンの南にあるタンジュン・トゥアン英語版岬は、ムラカ州の飛び地となっている。

地理[編集]

州政府の地方行政区分[編集]

地方自治体[編集]

  • 特別市

住民[編集]

ムラカ州(マラッカ州)の住民の大半はマレー人(約61%)や華人(約26%)だが、ポルトガル人とマレー人の混血の子孫がおり、彼らは今でもポルトガル語方言を話し、カトリック信仰を持つ。また、中華系(ババ、ニョニャ)、インド系(ママッおよびチッティ)も独自の民族を構成する。

歴史[編集]

スマトラ島パレンバンの王子パラメスワラ1396年マラッカ王国を建国した。彼はパレンバンを統治していたシュリーヴィジャヤ王国の内乱に乗じて独立を企てたが失敗、テマセック(シンガポール)に逃亡。王を殺し、王座に着いたがタイに追われ、ジョホールからマラッカへ退避したのち建国する。名前の由来は、木の下で休んでいたところ小鹿が猟犬を蹴飛ばすところを目撃、休んでいた木の名前を取った、と言う説が一般的。マラッカ王国は1414年イスラム化し、香辛料の東西貿易における重要な中継港として繁栄を極めた。

1405年には永楽帝より命を受け、遠くアフリカ大陸まで大遠征を行った提督鄭和の艦隊もマラッカ(満剌加)に初寄港している。マラッカ王朝は朝貢貿易を通じ明国との同盟を強固し、北の大国シャム、南のアチェからの脅威を牽制していた。

1511年ポルトガルのインド総督アフォンソ・デ・アルブケルケが征服し、東南アジアにおけるポルトガル海上帝国の拠点とした。ポルトガル時代には要塞(サンチャゴ砦)やキリスト教会(セントポールチャーチ)が建設され、司令官が常駐していた。イエズス会フランシスコ・ザビエルはここから東アジア布教に出発している。

1641年オランダ東インド会社がジョホールのスルターンの援助を得て、マラッカを占領した。オランダの東南アジアにおける拠点はジャワ島バタヴィアであったので、マラッカはマレー半島で産するなどを輸出する地方港に転落した。1824年英蘭協約でスマトラ島のイギリス植民地と交換にイギリスに譲渡された。その際、マラッカ海峡より西側はオランダ領、東側は英国領と定められた。

1826年、イギリスのトーマス・ラッフルズペナンシンガポールとともにマレー半島全域に英領植民地を成立させたが、近代港シンガポールの台頭が著しく、マラッカの港湾機能は衰退した。

1941年12月から3年8ヶ月にわたる太平洋戦争下はイギリスに代わり日本軍に占領された。終戦後の1945年、イギリスが再び植民地としたが、独立の機運が高まり、1948年にイギリス保護領下でマラヤ連邦が成立、1957年8月31日に完全独立を遂げる。これに先立ち1956年2月20日トゥンク・アブドゥル・ラーマン・マラヤ連邦首相がマラヤ連邦の独立宣言を行ったのは、このマラッカである。

文化[編集]

Jonker 散歩
マラッカペラナカンハウス

マラッカはダイエットで有名で、その一つはニヨン料理です。マラッカの寛大なシャム麺は、Coolie Street Satay World Street Food Conference 2017で、世界の最初の50通りの食べ物に認められています。[15]

今日でも、イントルード(カトリック・レンテン・ウォーター・フェスティバル)、ブランユー(伝統舞踊)、サンタ・クルス(年中行事)など、ポルトガルの職業以来、多くの古代儀式が行われています。

マラッカ寛大なプライベートヘルスケアサービスは、インドネシアやシンガポールの患者のように遠くまでも引き付けることができます。クラウン病院(Mahkota Hospital)、Ayer Keroh Beach病院(Pantai Ayer Keroh病院)、Putra病院(Putera Hospital)(以前は南部病院として知られていました)は、国家レベルで高度なサービスを提供している3つの主要な民間病院です。州政府はプトラ病院の主要株主である

メラカ・マニパル・メディカル・カレッジは1993年、インド総理大臣とマレーシア首相によって設立されました。マラッカ総合病院、Alor Gajah病院、Jasin病院、Sultanah Fatimah Specialist Hospitalは、最も近い政府病院です。

目的地[編集]

自然公園[編集]

  • マラッカ川
  • Ledang 山
  • Klebang ビーチ
  • Pengkalan Balak ビーチ
  • Jonker Walk 世界遺産公園

ランドマーク[編集]

  • Huskitory
  • リバーウォーク
  • Morten 村
  • セントポールズヒル教会
  • Jonker 通り
  • マラッカチャイナタウン
  • 赤い広場(オランダ広場)
  • Woof 駅
  • Encoreマラッカ
  • Hatten City MelakaのSkydeck
  • Chetti 村
  • Casababa ギャラリー
  • 私たちの女性の教会
  • 8 Heeren Street ヘリテージセンター
  • Stadthuys
  • Menara Taming Sari
  • スルタンパレス、マラッカ
  • ビクトリア女王噴水
  • 中国の丘
  • マラッカ熱帯果樹園

博物館[編集]

  • Baba & Nyonya ヘリテージミュージアム
  • マラッカ歴史と民族芸術博物館
  • Perbadanan Muzium Melaka
  • ストレイツ中国宝石博物館マラッカ
  • セントーサビラ(マレーシア生活博物館)
  • Cheng Ho 文化博物館
  • マラッカミュージアムハウス
  • 独立記念館
  • 潜水艦博物館
  • マレーシア建築博物館
  • ロイヤル税関博物館
  • イリュージョン3Dアートミュージアム
  • 知事の博物館
  • マレーシア刑務所博物館
  • 民主政府の博物館
  • 美容博物館
  • ファンパークミュージアム
  • マジックアートミュージアム

宗教的なサイト[編集]

  • マラッカ海峡モスク
  • Cheng Hoon Teng 寺院
  • 聖ペテロ教会
  • キリスト教会
  • Kampung Kling モスク
  • 聖フランシスザビエル教会
  • Sri Poyyatha Vinayagar Moorthy 寺院
  • Kampung Hulu モスク
  • Xiang Lin Si 寺院
  • マラッカ中国のモスク

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]