カーダール・ヤーノシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にヤーノシュ・カーダールと表記することもあります。
カーダール・ヤーノシュ
Kádár János
János Kádár (fototeca.iiccr.ro).jpg
生年月日 1912年5月26日
出生地 Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国 ハンガリー王国 フィウメ
没年月日 1989年7月6日(満77歳没)
死没地 ハンガリーの旗 ハンガリー人民共和国 ブダペスト
所属政党 ハンガリー共産党
ハンガリー勤労者党
ハンガリー社会主義労働者党
配偶者 Mária Tamáska

在任期間 1961年9月13日 - 1965年6月30日
国民議会幹部会議長 ドビ・イシュトヴァーン

在任期間 1956年11月4日 - 1958年1月28日
国民議会幹部会議長 ドビ・イシュトヴァーン

内閣 ドビ・イシュトバーン内閣
在任期間 1948年8月5日 - 1950年6月23日
国民議会幹部会議長 サカシチ・アールパード

その他の職歴
ハンガリー社会主義労働者党書記長
1956年10月25日 - 1988年5月22日
テンプレートを表示

カーダール・ヤーノシュハンガリー語: Kádár János, 出生時はGiovanni Csermanek, 1912年5月26日 - 1989年7月6日)は、社会主義政権時代のハンガリー政治家。実質的な最高指導者であるハンガリー社会主義労働者党書記長(1956年-1988年)を務めたほか、首相(閣僚評議会議長)を2期(1956年-58年、1961年-65年)務めた。

カーダールの「ジョバンニ」というイタリア風のファーストネームはフィウーメの法律による。カーダールの父は父権を拒否し、母のボルバーラ(Borbála)を援助することを拒否した[1]

生い立ち[編集]

カーダールは当時のオーストリア=ハンガリー帝国フィウーメ(現在のクロアチアリエカ)で生まれ、6歳までは里親のもとで暮らし、その後母親と再会し、14歳まで学校に通った。カーダールはタイプライター整備工として奉公に出、17歳で労働組合の若手グループに参加し、1931年に非合法のハンガリー共産党に入党し、その後、不法な政治活動のため数回逮捕された。1933年、カーダールは2年の実刑判決を受けた[1][2]

第二次世界大戦時、カーダールはチェコスロバキアレジスタンスとともに戦った。

1946年、カーダールはハンガリー共産党の副書記長に選出された。1949年、カーダールはライク・ラースローの後任として内相となった。ライクは共産党指導者ラーコシ・マーチャーシュにより外相に任命されたが、このときカーダールは既に「見せ物裁判」の主要な被告として、秘密裏に選ばれていた。この裁判は、ソ連スターリンにより始められた見せ物裁判に似せて、ハンガリーのラーコシが企てたものであった。ライクおよび「彼のスパイ網」はユーゴスラビア大統領のチトー元帥と共謀した廉で起訴され、そして処刑された。マキャベリ的陰謀の中、自身を見せ物裁判に巻き込むためにカーダールは内相に任命された。しかしながら、捜査を担当するハンガリー国家保安局(ÁVH)はラーコシから直接に命令されていた。一年後、カーダール自身が冤罪で見せ物裁判の生贄となり、そして終身刑を宣告された。1953年にナジ・イムレが首相に任命され、続いてスターリンが死去した後、1954年にカーダールは釈放された。

カーダールは重工業の盛んなブダペストの第13地区において、党書記として活動するようにとの申し出を受け入れた。カーダールは労働組合に対し更なる自由を要求する労働者の中で広範囲な支持を獲得したことで、すぐさま有名となった。

1956年のハンガリー動乱における役割[編集]

ナジは自由化プロセスを開始し、新聞・出版への国家統制を廃止し、多くの政治犯を釈放し、ワルシャワ条約機構からハンガリーを脱退させたい旨を表明、ナジは連立政権を樹立した。ソ連の指導者たちは、互いの尊重と対等な立場に基づいてハンガリーとの新しい関係を築くよう努力すると声明を出していたが、11月の初日にソ連共産党幹部会は、革命を力づくで打ち壊すことを決定した。

この間に、ハンガリー勤労者党(共産党)は解党を決議し、ハンガリー社会主義労働者党の名前で党を再編した。カーダールは書記長に選出された。カーダールはまた、国務相としてナジ政府の一員でもあった。11月1日に、カーダールは在ブダペストソ連大使館に誘拐され、ソ連の指導者たちが待つモスクワに連れ去られた。そこでソ連の指導者たちは、ハンガリーでの「反革命」の展開はなんとしても終結させなければならないとカーダールに信じさせようとしたのだった。カーダールは最初その圧力に抵抗し、ナジ政府は社会主義体制廃止をもくろむものではないと主張した。カーダールがその圧力に屈したのは、ソ連指導者たちから、ソ連軍ハンガリー駐屯部隊をもって革命をつぶすという決定はすでに下されており、従来の共産主義指導体制がハンガリーに戻されるだろうと知らされたときだったのであり、カーダールには新政府首相の地位を引き受けるつもりはなかった。ソ連の戦車は革命を潰すため、11月4日の夜明けにブダペストに向かって動き出した。同日、カーダールを長とした、いわゆる「臨時労農革命政府」(Provisional Revolutionary Government of Workers and Peasants)の樹立宣言がソルノクから放送された。

カーダールはこの新政府のための「15ポイント・プログラム」を宣言した。

  1. ハンガリー国家の独立・主権を確保する。
  2. 人民民主主義社会主義体制をあらゆる攻撃から擁護する。
  3. 兄弟同胞の争いを終らせ、秩序を回復する。
  4. 完全対等および不干渉を基礎として、他の社会主義諸国と緊密な兄弟関係を築く。
  5. 政府の形態にかかわりなく、全ての国々と平和のために協力する。
  6. ハンガリー全ての国民の生活水準を早急かつ十分に向上させる。
  7. 生活水準におけるこの増加を考慮し、5カ年計画を修正する。
  8. 労働者の利益のために、密室政治を除去し、民主主義を広める。
  9. 広められた民主主義を基礎に、工場および企業においては、労働者による管理が行われねばならない。
  10. 農業生産を発展させ、強制配給を撤廃し、そして個々の農民に無償で資金援助をする。
  11. すでに存在する行政府および革命評議会においては、民主的な選挙を保証する。
  12. 職人および小売業を支援する。
  13. ハンガリーの革新的伝統の精神にのっとり、ハンガリー文化を発展させる。
  14. 人民の利益を代行するハンガリー革命労農政府は、我が国民が悪意ある反動勢力を打ち砕き、ハンガリーに秩序と平静を回復することを支援するよう、赤軍に要請する。
  15. 危機が去った後、ハンガリーから部隊を撤退させることについてワルシャワ条約機構軍と交渉する。

カーダールはまた「敵対しない者は誰もが我らと共に」あり、「普通の人々は、弾圧はもとより監視さえも恐れる必要なく、その経済活動を続け、演説し、読み書くための正当な自由を得る」と付言した。これは、自らに従わない者はすべて敵とみなしたスターリン主義独裁者ラーコシによる支配とは特筆すべき対照をなした。

15番目のポイントは、20万の強力なソ連分遣隊がハンガリーに駐屯するというワルシャワ条約由来の圧力の後に、撤回された。この進展により、カーダールは巨額の防衛基金を福祉に転用することができた。

ナジはルカーチ・ジェルジ、ロションツィ・ゲーザ (Losonczy Géza)、ライク・ラースロー未亡人ユリアをともない、ユーゴスラビア大使館に逃れた。カーダールは彼らからの求めに対して安全な帰還を約束したが、ソ連の党指導者たちがユーゴスラビア大使館で亡命を求めたナジ・イムレおよび他の政府要員はルーマニアへ追放することにしたため、この約束は果たされなかった。後に、1956年の出来事におけるナジ・イムレ政府の責任について裁判が起こされた。これはたびたび延期されたが、最終的に被告は反逆ならびに「民主国家の秩序」の転覆の企てで有罪とされた。ナジ・イムレ、マレーテル・パール (Maléter Pál)、そしてジメス・ミクローシュ (Gimes Miklós) は死刑判決を受け、1958年6月16日に執行された。ロションツィ・ゲーザとシゲシ・アッティラ (Szigethy Attila) の2人は裁判途中に不審な状況下で獄死した。

カーダール時代[編集]

ソ連の影響を強く受けはしたが、カーダールは(例えば集団農場の農民に対して相当に大規模な私有地を許可するなど)ソ連に反する政策を実行し、政治犯の釈放やローマ教皇庁との和解を進めるなど[3]東側社会主義国の中では比較的穏健な統治を行った。

1966年にはニエルシュ・レジエ書記らによって「新経済メカニズム」が導入され、市場経済の一部導入などを進めたほか、同年11月には国民議会選挙の候補者を複数候補制にするなどの政治改革も進められた[4]。これらの改革によってハンガリー経済は発展し、国民の所得も増加した[5]。また、1968年のワルシャワ条約機構軍によるプラハの春弾圧のためのチェコスロバキア侵入の際には最後まで反対し、チェコスロバキア共産党アレクサンドル・ドプチェク第一書記と会談を行うなど、軍事介入回避に努めた(結局最後はソ連のレオニード・ブレジネフ書記長に「ヤーノシュ、ほんの小部隊を送るだけですべてを達成できるのだよ」と説得され、これに応じざるを得なかった[6])。

1973年にソ連のレオニード・ブレジネフ政権の圧力によってハンガリー改革は後退を余儀なくされた。経済に対する党中央の統制が強められ、1974年には改革を主導していたニエルシュらも解任・左遷された。しかし、その処遇は「プラハの春」後に改革派党員を除名したチェコスロバキア共産党グスタフ・フサーク第一書記の「正常化」に比べれば穏やかなものであった[7]

また「新経済メカニズム」も完全には廃止されず、1970年代後半の第二次石油危機以降は再び改革が進められるようになり「社会主義市場経済」が目指されるようになった。

経済改革は比較的高い生活水準を生み出し、ハンガリーは冷戦中は東ヨーロッパでもっとも住みよい地のひとつだった(ハンガリー様式の社会主義の議論については、グヤーシュ共産主義(英語版)も参照。)。1990年代に資本主義経済への転換課程で引き起こされた生活水準の劇的な低下のために、多くのハンガリー人がカーダール時代に郷愁を覚えている。この郷愁が元ハンガリー社会主義労働者党改革派の政治家ホルン・ジュラ元外相(ハンガリー社会党)の首相選出(1994年)と言う形で現れた。

カーダール時代、観光旅行が劇的に増加しカナダアメリカ西ヨーロッパからの多くの観光客が必要とされる多額の資金をハンガリーにもたらした。ハンガリーは先進諸国と強い関係を築き、そして多くの外国人研究家が訪れた。

1978年には、ハンガリー王の「聖冠」(ホルティ政権の政治的象徴性を伴うことを防ぐため、メディアにおいては「ハンガリーの王冠」と呼ばれた。)および宝器がアメリカよりブダペストに返還された。

ハンガリーから西側への旅行も他の東側諸国に比べると比較的自由であり、1980年には380万人が西側へ旅行している[8]検閲も比較的緩やかであり、閣僚の指名は形式的ながら党の中央委員会政治局の決定だけでなく大衆組織「愛国人民戦線」と協議をして決定するなどの改革が行われた[9]

1982年にはIMFに加盟し、経済への市場原理の導入の徹底、個人企業の設立自由化、国営企業の党からの自立など、経済の自由化が進んだ。政治的にも1983年には再び議会選挙が複数候補制となり、1985年には社会主義労働者党の党員以外からも国会議員に当選する者が出るようになった。[10]

カーダールは国際レーニン平和賞を受賞した(1975年-76年)。カーダールはまた、1964年4月3日ソ連邦英雄の称号を授与された[11]

カーダールは政治・経済の改革を進める一方でソ連との友好維持にも努め、ソ連に付け入る隙を与えなかった[12]

罷免と死[編集]

カーダールは1988年までハンガリーの権力の座にあったが、経済改革の際に過度な投資を行ったことが対外債務の増加を生み、1980年代後半に入るとハンガリー経済は悪化するようになった。高齢になったカーダールは保守化し、これ以上の改革に否定的になった。1987年、カーダールとハンガリー社会主義労働者党保守派は経済改革で誕生した富裕層に所得税や財産税などをかけようとしたが、これは国民の猛反発を受け同年秋の国民議会では政府が提出した増税案が否決された。政府法案が議会に否決されるという、社会主義体制下では今まで起こりえなかった事態が発生したのである。これによって、カーダールと保守派は信頼を失い1988年5月の党大会で書記長辞任に追い込まれた[13]

カーダールの後継には穏健改革派のグロース・カーロイハンガリー語版首相が書記長となった。グロースはカーダール路線の継続に努め、一党独裁体制の枠内で党内民主化・党と国家の分離を行って改革を進めようとした[14]。カーダールは党総裁という儀礼的な地位に就任した。

カーダールの墓

だが、同じく1988年の党大会で政治局に復帰したニエルシュ・レジエハンガリー語版や新たに政治局入りしたネーメト・ミクローシュ(1988年から首相)、ポジュガイ・イムレハンガリー語版愛国人民戦線書記長らの急進改革派は民主化を推進し、社会主義体制を解体し始めた。1989年6月にはニエルシュ・レジエが新たに創設された党の最高指導職である政治執行委員会幹部会議長の座に就き、グロースは事実上失脚した。老齢のカーダールはその直前の1989年5月に病気を理由に党総裁の職を解かれて政治から完全に排除され、その後まもなく77歳でその生涯を閉じた。

カーダールはソ連の後ろ盾で1956年の改革を弾圧して権力者となり、また晩年は保守化したものの「妥協と中道の政治家」として改革を行った姿勢は処刑されたルーマニアニコラエ・チャウシェスク、実刑判決を受けたブルガリアトドル・ジフコフや国外逃亡した東ドイツエーリッヒ・ホーネッカーなどの他の中東欧の共産主義国の指導者たちに比べれば高く評価されており、改革派主導の党幹部会もカーダール死去時の追悼声明で「フルシチョフ失脚後もソ連共産党第20回大会非スターリン化)の理念を支持し続けた」と讃えている[15]

出典[編集]

  1. ^ a b Kádár's Shadow Tibor Hajdu, The Hungarian Quarterly, VOLUME XLII, No. 164, Winter 2001
  2. ^ János Kádár rev.hu, The Institute for the History of the 1956 Hungarian Revolution
  3. ^ 永井清彦南塚信吾・NHK取材班『社会主義の20世紀 第1巻』(日本放送出版協会 1990年)P215
  4. ^ 三浦元博・山崎博康『東欧革命-権力の内側で何が起きたか-』(岩波新書 1992年 ISBN4004302560)P47-48
  5. ^ 永井・南塚・NHK取材班『社会主義の20世] 第1巻』P218
  6. ^ 三浦・山崎『東欧革命-権力の内側で何が起きたか-』P48
  7. ^ 三浦元博・山崎博康『東欧革命-権力の内側で何が起きたか-』P49-50
  8. ^ 三浦・山崎『東欧革命-権力の内側で何が起きたか-』P50
  9. ^ 三浦・山崎『東欧革命-権力の内側で何が起きたか-』P50
  10. ^ 永井清彦・南塚信吾・NHK取材班『社会主義の20世紀 第1巻』P218-220
  11. ^ Biography at the website on Heroes of the Soviet Union and Russia (ロシア語)
  12. ^ 三浦・山崎『東欧革命-権力の内側で何が起きたか-』P50
  13. ^ 永井・南塚・NHK取材班『社会主義の20世紀 第1巻』P223-224
  14. ^ 永井・南塚・NHK取材班『社会主義の20世紀 第1巻』P225
  15. ^ 三浦・山崎『東欧革命-権力の内側で何が起きたか-』P67


先代:
ゲレー・エルネー
ハンガリー勤労者党第一書記
1956年
次代:
(社会主義労働者党に改組)
先代:
-
ハンガリー社会主義労働者党第一書記
1956年 - 1988年
次代:
グロース・カーロイ
先代:
ナジ・イムレ
ハンガリー首相
1956年 - 1958年
次代:
ミュンニッヒ・フェレンツ
先代:
ミュンニッヒ・フェレンツ
ハンガリー首相
1961年 - 1965年
次代:
カーライ・ジュラ