ヴィッサリオン・ジュガシヴィリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヴィッサリオン・イヴァーノヴィチ・ジュガシヴィリ
Виссарион Иванович Джугашвили
ბესარიონ ჯუღაშვილი
Vissarion Jughashvili.jpg
公式の写真
生誕 1850年
ロシア帝国の旗 ロシア帝国チフリス県ロシア語版ジジ・ジロ
死没 1909年8月25日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国チフリス県ロシア語版チフリス
職業 靴職人
配偶者 エカテリーナ・ゲラーゼ
子供 ミハイル
ゲオルギー
ヨシフ

ヴィッサリオン(ベソ)・イヴァーノヴィチ・ジュガシヴィリロシア語: Виссарион (Бесо) Иванович Джугашвилиグルジア語: ბესარიონ ჯუღაშვილი1850年頃 - 1909年)は、ソビエト連邦の政治家ヨシフ・スターリンの父親である。生年月日の詳細な情報は不明。没日は8月25日とされる。

生涯[編集]

ロシア帝国チフリス県ロシア語版で、ゴリの北にあるジジ・ジロ(ka)という小さな村にて、ザザ・ジュガシヴィリの孫息子として、正教徒の農奴の一家に生まれる。彼の父は、村でグルジア人の葡萄畑の手入れをしていた。ヴィッサリオンにはゲオルギーという兄弟がいたが、彼は血の気が多く、酒に酔ったうえでの喧嘩で刺殺された。ヴィッサリオンの先祖はリアフヴィス谷の山の集落に住み、好戦的な封建領主であるアサチアニ公に隷属していた。曽祖父であるザザ・ジュガシヴィリは、農民運動に参加して逮捕されて投獄されるも脱走して反乱を起こし、再び逮捕されるも再度脱走。その後はトビリシの近くにあるジジ・ジロ村に移って同地で結婚した[1]

アーソシヴィリ一家(ヴィサッリオンの親戚で、長い間村に住んでいた)によれば、ヴィッサリオンは税金の3ルーブルを払う余裕がなく、グルジアで仕事を探していた[2]

グルジアのテラビにあるヴィッサリオン・ジュガシヴィリの墓

ジュガシヴィリは、ゴリのクルームベガシヴィリの家で生活した。ジュガシヴィリはここで靴直しの仕事を手に入れ、アデリハーノフの靴工場で働く。1872年5月30日エカテリーナ・ゲラーゼと結婚する[2]。なお、彼ら夫婦の戸籍には「1874年5月17日に結婚。夫は一時的にゴリ居住の農奴ヴィッサリオン・イワノヴィチ・ジュガシヴィリ、正教徒、初婚、24歳。妻はゴリ居住の農奴グラフ・ゲラーゼの娘、エカテリーナ、正教徒、初婚、16歳」とある[3]ため、彼らの結婚の月日に関しては資料によって複数の食い違いがある。

ヴィッサリオンは、色黒で、中背のやせぎすで、額は狭く、口ひげと顎ひげを生やした男であった。酒を飲むと酔いが早く回り、怒りっぽくなった。結婚後、最初にミハイル、ゲオルギーという2人の子供を儲けるも、乳児の段階で死んだ。1878年12月18日、3人目の男児としてヨシフが生まれる。

ジュガシヴィリはついに自分の仕事の作業場を開いた。彼の仕事は繁盛し、家族とともに幸せに暮らした。しかしながら、まもなくジュガシヴィリは深刻なアルコール使用障害に陥り、若い妻と幼い息子のヨシフに対して暴力的になり、虐待するようになる。

妻のエカテリーナは、息子のヨシフを司祭にしたがっていた。S・ゴグリツィーゼの回想によると、ヴィッサリオンは妻のエカテリーナに対して「お前は息子を府主教にしたいというのか?お前が生きている間はそんなことにはならんだろうな。おれは靴職人だ。息子も靴職人になるさ」と言っていたという[4]。ジュガシヴィリは、息子のヨシフに自分の跡を継いで靴職人になって欲しかったにもかかわらず、妻のエカテリーナはヨシフを正教会の聖職者学校に入学させて教育を受けさせた。

これに激怒した大酒飲みのジュガシヴィリは、地元の酒場を破壊し、村の警察長官を非難した。これにより、ジュガシヴィリはゴリから強制退去させられることになる。彼は妻と息子をゴリへ残し、トビリシに靴工場を見つけてそこへ移住した。

息子のヨシフが正教会の神学校に入学したとき、ジュガシヴィリはヨシフを退学させる代わりに靴職の技術を教えようと試みるも失敗に終わる。ヨシフが神学校を除名されたあとに、ジュガシヴィリは息子との対面を果たす。これが父と子の最後の対面となる。父が呼び寄せたヨシフは、父が働いていたトビリシの工場でストライキの組織化を試みた。

ジュガシヴィリは息子に、「お前は商売を学ぶべきだった」と軽蔑して告げた[2]

1909年8月25日、ヴィッサリオン・ジュガシヴィリは、大腸炎肺炎による肺結核を患い、トビリシのミハイロフスキー病院で死亡した[2]

死後はグルジア(現在のジョージア国)のテラヴィに埋葬された。

脚注[編集]

  1. ^ 『赤いツァーリ 〜スターリン、封印された生涯〜』(上)34ページ
  2. ^ a b c d サイモン・セバーグ・モンテフィオーリ. Young Stalin. 2007. ISBN 978-0-297-85068-7
  3. ^ 『赤いツァーリ 〜スターリン、封印された生涯〜』(上)35ページ
  4. ^ 『赤いツァーリ 〜スターリン、封印された生涯〜』(上)53ページ