モスクワ講和条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モスクワ講和条約
署名 1940年3月12日(モスクワ)
効力発生 1940年3月21日
言語 ロシア語
主な内容 冬戦争について、フィンランドとソ連の講和
フィンランド一部領土の割譲
一部領域における無条件通行許可
ウィキソース原文
テンプレートを表示
条約でフィンランドからソ連へ割譲された領域。

モスクワ講和条約(モスクワこうわじょうやく)は、1940年3月12日にフィンランドソビエト連邦により署名され、同21日に批准された講和条約である[1]。105日間に渡って続いた冬戦争に終止符を打った。この条約は、フィンランドの一部をソ連への割譲することを条件に講和が合意されたが、同時にフィンランドの独立も保証することとなり、結果としてソ連のフィンランド全土を併合する野望は絶たれた形になった。条約の署名は、ソ連側はヴャチェスラフ・モロトフアンドレイ・ジダーノフアレクサンドル・ヴァシレフスキーによって、フィンランド側はリスト・リュティユホ・クスティ・パーシキヴィカール・ワルデンそしてヴァイオ・ヴォイオンマーによってなされた。

背景[編集]

フィンランド政府はストックホルム経由で1月31日にソ連から暫定的な講和条件を提示された。それまで赤軍はフィンランド全土を支配しようとしていたが、この時点においてフィンランドは一定の妥協を示そうと考えていた。ソ連の要求は、フィンランド側がヴィボルグを含むカレリア地峡ラドガ湖のフィンランド湖畔地域の割譲し、ハンコ半島については30年に渡ってソ連に貸すという条件であった。

フィンランドはこれらの要求をすべて却下し、次第にスウェーデンフランスそしてイギリスに正規軍を提供することを強く嘆願するようになった。客観的に見ればフィンランドは自国の50倍もあるソ連という国に対して長期的には勝ち目はないのと考えるのは当然だが、前線から寄せられる報告は未だ吉報もあり、まだ希望があると判断したフィンランドは、この状況を打破するため国際連盟の介入も期待していた。断続的ではあったものの、フィンランドのこのような嘆願に対して肯定的であったフランスとイギリスの姿勢と、最も援軍提供が現実的であるスウェーデンへの期待をもとにして立案されていた1930年代の作戦が、フィンランドがすぐに講和に立ち入らなかった背景にある(詳しい情報は冬戦争#国際社会の反応を参照)。

1940年2月、フィンランドの最高指揮官であるカール・グスタフ・エミール・マンネルヘイムは軍事的現状を「悲観的である」と表現し、この後政府は講和条約に向けた会談を2月29日に始めたが同日、赤軍はヴィボルグへの攻撃を開始した。

講和内容[編集]

3月6日、リスト・リュティ首相率いるフィンランド代表団はモスクワへ発った。講和中に赤軍はタリの防衛線を突破しヴィボルグをまもなく包囲するところであった。

講和条約はモスクワ時間3月12日夕方、フィンランド時間3月13日1時に署名された。議定書には付随して、フィンランドにおける戦闘がレニングラード時間正午(フィンランド時間では11時)に終了し[2]、逆にそれまでは継続されることを規定していた。[3]

フィンランド側の領土損失は、ソ連が1月末にストックホルムを通じてフィンランドに提示していた暫定的講和条約の条件をはるかに超えるものだった。具体的には、フィンランドはカルヤラ全体(工業の中心地であったヴィボルグ、フィンランドの第二都市カキサルミ(現プリオゼルスク)、ソルタヴァラスオヤルビそしてヴィボルグ湾全体、フィンランド領域の10%ほど)を、大部分をフィンランド軍が支配しているにもかかわらず割譲することを強いられた。軍関係者及び住民は即急にカレリアから避難しなければならなかった(カレリア避難)。これにより、フィンランド国民の12%にあたる42万2千人のカレリア人が家を失った。

また、カレリア地域には戦闘時にソ連が支配した地域もあり、このなかでフィンランド側にペツァモ(現ペチェングスキー)がこの講和で返還された。しかし議定書ではフィンランドはペチェングスキーにおけるソ連及びその国民に対してノルウェーへの無制限の通行許可を与えることを余儀なくされた。

フィンランドは更に、サラ地域の一部を割譲せねばならず、バレンツ海カラスタンジャンサーレント半島フィンランド湾ゴーグラント島ボルショイ島モシチヌイ島ペニンサーリ島そしてセスカル島を割譲した。最終的に、ハンコ半島は30年間にわたって海軍基地として年間800万マルクで海軍基地として貸された。

また、ソ連兵のハンコ半島基地への鉄道輸送権利は講和条約には含まれていなかったが、7月9日にスウェーデンがノルウェーを占領するためのドイツ国防軍の列車輸送を認めた後に、ソ連に輸送権利を要求された。

また、割譲領域におけるいかなる器具、機械も渡されることとなった。よってフィンランドは機関車75輌、貨車2000輌、大量の車、トラックそして船を譲渡した。戦闘時、明らかにフィンランド側にあったエンソ(現スベトゴルスク)の工業地帯は講和で割譲され、土地と機器類を譲渡せねばならなかった。

この時制定された「新国境」はソ連の巧妙な作戦と、それに伴うソ連の苦しい経済的実情が裏に隠れていた。具体的には以下のようなものである。

  • 戦前、フィンランドはパルプ工業の代表的な生産国であったが、パルプは爆発物の原材料として重要なものであった。このため、エンソ工業地帯を含め、この講話条約でソ連はフィンランドの工業力の80%以上を占有し、ソ連の爆発物の需要がより満たされるようになった。
  • フィンランドはこの割譲に伴い、水力発電による電力の3分の1をソ連に譲渡した。電力は主にヴオクサ川の水力発電施設から出るもので、当時電力が20%も不足していたレニングラードにとっては喉から手が出るほど必要なものであった。
  • 新国境の位置はソ連の防衛ドクトリンと一致するようにできていた。つまり、この国境は侵入された際に、反撃時の先制攻撃で敵の領土に侵入することを想定するものであった。このドクトリンの下、理想的な国境は敵に川などといった自然要塞を与えてはいけないため、ヴィボルグ湾やサイマー湖ラドガ湖の間の沼地地帯などといった自然的特徴のある場所にではなく、代わりにそれらの西側に国境を走らせた。しかしその後判明することではあるがこの地形は赤軍を包囲しやすいものでもあった。

フィンランド国民はこれらのあまりにも過酷な講和条件に衝撃を受けた。戦時中に失った土地よりも講和によって失った土地が多いように見え(実際その通りである)、フィンランドの重要な拠点がいくつも失われたためである。例えば、最も人口が密集しているフィンランドの南側の大部分はサイマー運河を通して他国と輸送連絡を行っていたが、フィンランド湾につながるヴィボルグでこの経路が切断されてしまった。また、譲渡した土地の南側はフィンランドの工業力の心臓部であった。割譲した土地のうちフィンランド南東部に位置するカレリアはフィンランド文化の中心地であり発祥地であると考えられていた。冬戦争以前は、カレリア中心部でのソビエト君主の統制と、日常的に行われていたスターリニストによる暴虐的な行いはフィンランド人にとって痛恨の悲しみであったが、講和後はそのカレリアさえ失ってしまった。これはまもなく、もはやカレリアを取り戻す必要はないのではないかというカレリア問題を引き起こすこととなる。

このような深い絶望そのものがその後他国から見たフィンランドの主な印象となってしまった。スウェーデンもフィンランドに同情を示したものの、中立を守りたいスウェーデンのフィンランドに対する対応は冷たいものであった。

この過酷な講和条約が反動となり、後にフィンランドを第三帝国、すなわちドイツに助けを求めさせるきっかけとなる。冬戦争とそれに続くモスクワ講和条約は後に始まる継続戦争の主な要因となる。このたった1年後、1941年6月に、継続戦争によってソ連との戦闘状態が再開した。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ First published in English as Finland – Union of Soviet Socialist Republics.
  2. ^ Protocol appended to the treaty of peace concluded between Finland and The Union of Soviet Socialist Republics on 12 March 1940
  3. ^ Степаков, Виктор, Евгений Балашов. В «Новых районах»: Из истории освоения карельского перешейка, 1940–1941, 1944–1950.