ドイツ社会主義統一党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of East Germany.svg東ドイツの政党
ドイツ社会主義統一党
Sozialistische Einheitspartei Deutschlands
SED Logo.svg
党章
成立年月日 1946年
解散年月日 1990年
解散理由 新党結成のため
後継政党 民主社会党
本部所在地 東ドイツの旗 東ドイツ 東ベルリン
政治的思想・立場 共産主義
マルクス・レーニン主義
機関紙 ノイエス・ドイチュラントドイツ語版
テンプレートを表示

ドイツ社会主義統一党(ドイツしゃかいしゅぎとういつとう、ドイツ語Sozialistische Einheitspartei Deutschlands, 略称:SED)は、ドイツ民主共和国(旧東ドイツ)の政党マルクス・レーニン主義を掲げた政権政党だった。ドイツ統一社会党と呼ばれる場合もある。

概要[編集]

SED機関紙「ノイエス・ドイチュラント」(新しいドイツ)
SED中央委員会本部(元ライヒスバンク)。現在は外務省が使用している

1946年10月にドイツソ連占領地区でドイツ共産党(KPD)とドイツ社会民主党(SPD)が合併して成立した。もっとも、西側占領地区ではSPDはそのまま存続して現在に至り、KPDは1956年連邦憲法裁判所より違憲判決を下され解散している。ベルリンのSPDはKPDとの統一の賛否を決める投票が行われた。しかし、東ベルリンではソ連軍によって投票が禁止されたため、実際投票が出来たのは西ベルリンのSPD党員のみであった。その結果、KPDとの統一に賛成したのはわずか12パーセントであったため、ベルリンは東ベルリンも含めてSED成立後も一定期間[いつ?]、SPDが存続した(西ベルリンSPDが東ベルリンでも活動を許されていた。一方で西ベルリンには西ベルリンSEDドイツ語版も存在した)。

合併後、最初期は指導部の半分ずつが旧KPDと旧SPDであったが、旧SPD系の党員は徐々に除名され、実体はKPDと何ら変わらないものとなった。ただ1946年当時存在していた政党としてはドイツ最古であったSPDは、全国に強力なネットワークを持っていたため、KPDが政権を掌握する上での利用価値は非常に高かったとされる。(合併当時、KPD党員が60万名に対して、SPD党員は68万人と数の上では優勢であった。)[1]

共和国宮殿で開かれた1986年の第11回党大会
社会主義統一党党員証

1949年ソ連占領地区がドイツ民主共和国となると、国家を指導する党として事実上の一党独裁体制を敷き、東ドイツを支配した。

1989年の民主化で政権を失い、社会主義統一党/民主社会党(SED/PDS)を経て民主社会党 (PDS) と改名した。後にPDSはSPD(西側占領地区→旧西ドイツ)左派の一部を受け入れて、左翼党を結成。旧東ドイツ地域では現在も一定の勢力を保持し、ブランデンブルク州ではSPD首班の州政権に「与党」として参加している他、左派勢力による「東西合同」以降、旧西ドイツ地域での躍進も目立つ。2013年9月の連邦議会選挙では改選前より勢力を後退させたものの、全議席を失った自由民主党に代わり、議席数で初めて第3位の会派となった。加えて、3ヶ月に及ぶCDU/SPDによる大連立交渉がSPD側の党員投票を経て合意に至った為、同政権が発足する2013年12月17日以降は「野党第1党」として巨大与党と対峙する立場に置かれる。

歴代指導者[編集]

議長[編集]

  1. オットー・グローテヴォール(1946 - 1950、共同議長)
  2. ヴィルヘルム・ピーク(1946 - 1950、共同議長)

このほか、ヴァルター・ウルブリヒトが1971年の第一書記退任後から1973年に死去するまで「党議長」職に就いたが、実権のない名誉職であった。

書記長[編集]

正式には「中央委員会書記長」。1953年から1976年までは「第一書記」。

  1. ヴァルター・ウルブリヒト(1950 - 1971)
  2. エーリッヒ・ホーネッカー(1971 - 1989)
  3. エゴン・クレンツ(1989)

脚注[編集]

  1. ^ 細井雅夫「ソ連占領下のドイツ社会民主党ーSED成立史再考ー」(放送大学教養学部「社会と経済」専攻生・学生番号931-485998-4執筆)も参照のこと

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

『西洋軍歌蒐集館』より「ドイツ社会主義統一党党歌」・原語歌詞と日本語の対訳および音声ファイル