東西ドイツ基本条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

東西ドイツ基本条約(とうざいドイツきほんじょうやく。ドイツ語: Grundlagenvertrag)は、ドイツ連邦共和国(西ドイツ)とドイツ民主共和国(東ドイツ)が 、相互に主権国家として承認した条約である。

1972年12月21日 条約調印後の記者会見に応じるエゴン・バール(左) とミヒャエル・コール

内容[編集]

東方外交により、西ドイツがハルシュタイン宣言を放棄することで、初めて実現した。正式名称は、「ドイツ連邦共和国とドイツ民主共和国の関係の基礎に関する条約」(Vertrag über die Grundlagen der Beziehungen zwischen der Bundesrepublik Deutschland und der Deutschen Demokratischen Republik)。

1971年四カ国合意が施行された後、両国は基本条約に関する交渉を開始した。1972年通過合意のように、議論もエゴン・バール(西ドイツ)とミヒャエル・コール(東ドイツ)によって主導された。ヴィリー・ブラント連邦首相の東方外交の一環として、条約は1972年12月21日に、東ベルリンにおいて署名された。条約は、保守強硬派からの反対にもかかわらず、西ドイツにおいてその翌年に批准され、1973年6月に効力が発生した。

注釈[編集]

関連文献[編集]