ドイツ民主党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドイツ民主党(Deutsche Demokratische Partei、略称DDP)は、ヴァイマル共和国時代のドイツリベラル政党。

概要[編集]

帝政時代の進歩人民党(Fortschrittliche Volkspartei略称FVP)と国民自由党(Nationalliberale Partei、略称NLP)の左派が統合されて1918年に創立された政党である。草創期のリーダーにヴァルター・ラーテナウオットー・ゲスラーフーゴ・プロイスフリードリヒ・ナウマンマックス・ヴェーバーなどがいる。ヴァイマル共和政下最初の選挙で第三党の地位を獲得してドイツ社会民主党フィリップ・シャイデマンの連立政権の一部となった。一時ヴェルサイユ条約への反対から連立から離れたが、すぐに連立に復帰した。以降、ドイツ社会民主党中央党とともにヴァイマル共和国で穏健左派・リベラルの連立与党(ヴァイマル連合)を構成し続けた。しかしドイツ民主党は「ユダヤ人の党」「教授の党」などと呼ばれて激しい攻撃を受けた。選挙も後退が続き、1930年には青年ドイツ騎士団(Jung deutscher Orden)と合併してドイツ国家党(Deutsche Staatspartei 略称DStP)を設立して党勢回復を狙ったが、失敗した。1933年にナチス党政権が誕生するとドイツ国家党は禁止されて解散に追い込まれた。

ドイツ民主党の党員の中でも経済学者ヒャルマール・シャハトはもっとも有名な政治家であろう。彼はドイツ民主党の主流と一線を画して1933年に誕生したナチス政権にも協力している。

第二次世界大戦の後、旧ドイツ民主党の勢力は自由民主党の創設に加わった。

ライヒスターク(議会)選挙結果[編集]

選挙日 得票率 獲得議席数(総議席数) 議席占有率 順位
1919年1月19日 18.6% 75議席(421議席) 17.82% 第3党
1920年6月6日 8,5% 45議席(459議席) 9.81% 第6党
1924年5月4日 5,7% 28議席(472議席) 5.94% 第7党
1924年12月7日 6,3% 32議席(493議席) 6.5% 第6党
1928年5月20日 4,8% 25議席(491議席) 5.1% 第6党