南塚信吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

南塚 信吾(みなみづか しんご、1942年1月3日[1] - )は、日本の歴史学者千葉大学法政大学名誉教授。専門はハンガリー史。ハンガリー共和国オフィサー十字勲章受章。

略歴[編集]

富山県富山市生まれ[1]

東京大学教養学部卒業。東京大学大学院博士課程修了[1]津田塾大学学芸学部講師・助教授、千葉大学文学部助教授・教授を経て、1998年から2000年まで千葉大学副学長を務める。2004年から法政大学国際文化学部教授を務め、2012年退職、名誉教授。

その間、ハンガリー(1972年 - 1974年、1991年 - 1992年)およびブルガリア(1983年 - 1984年)に留学した。

大学院の指導学生にハンガリー史の秋山晋吾一橋大学教授、フランス史の君塚弘恭早稲田大学准教授など[2]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『東欧経済史の研究――世界資本主義とハンガリー』(ミネルヴァ書房, 1979年)
  • 『東欧経済史研究序説』(多賀出版, 1985年)
  • 『静かな革命――ハンガリーの農民と人民主義』(東京大学出版会, 1987年)
  • 『ハンガリーの改革――民族的伝統と「第三の道」』(彩流社, 1990年)
  • 『ハンドブック東欧諸国』(岩波書店, 1990年)
  • 『ハンガリーの「第三の道」――資本主義と社会主義のはざまで』(岩波書店, 1991年)
  • 『ハンガリーに蹄鉄よ響け――英雄となった馬泥棒』(平凡社, 1992年)
  • 『義賊伝説』(岩波書店[岩波新書], 1996年)
  • 『アウトローの世界史』(日本放送出版協会, 1999年)
  • 『ブダペシュト史――都市の夢』(現代思潮新社, 2007年)
  • 『世界史なんていらない?』(岩波書店[岩波ブックレット], 2007年)
  • 『図説 ハンガリーの歴史』(河出書房新社, 2012年)

共著[編集]

  • 西川正雄)『世界の歴史(18)帝国主義の時代』(講談社, 1986年)
  • 伊東孝之・NHK取材班)『社会主義の世紀(3)[連帯]10年の軌跡[ポーランド]/おしつぶされた改革[チェコスロヴァキア]』(日本放送出版協会, 1990年)
  • 永井清彦・NHK取材班)『社会主義の20世紀(1)守護の壁・恥辱の壁[東ドイツ]/反革命か民衆蜂起か[ハンガリー]』(日本放送出版協会, 1990年)

編著[編集]

  • 『東欧の民族と文化』(彩流社, 1989年)
  • 『東欧革命と民衆』(朝日新聞社, 1992年)
  • 『歴史学事典(4)民衆と変革』(弘文堂, 1996年)
  • 『世界各国史(19)ドナウ・ヨーロッパ史』(山川出版社, 1999年)

共編著[編集]

  • 許世楷原彬久)『国際関係論基礎研究』(福村出版, 1976年)
  • 宮島直機)『'89・東欧改革――何がどう変わったか』(講談社[講談社現代新書], 1990年)
  • 下村由一)『東欧革命と欧州統合』(彩流社, 1993年)
  • (下村由一)『マイノリティと近代史』(彩流社, 1996年)

訳書[編集]

  • E・H・カー『ロシア革命の考察』(みすず書房, 1969年)
  • ボリス・ニコラエフスキー『権力とソヴェト・エリート』(みすず書房, 1970年)
  • E・H・カー『一国社会主義――ソヴェト・ロシア史 1924-1926(1・2)』(みすず書房, 1974年-1977年)
  • I・T・ベレンド, G・ラーンキ『東欧経済史』(中央大学出版部, 1978年)
  • ジュルコー・ラースロー編『カーダール・ヤーノシュ伝――現代ハンガリー史の証人』(恒文社, 1985年)
  • R・オーキー 『東欧近代史』越村勲田中一生共編訳(勁草書房, 1987年)
  • ヤーノシュ・サーヴァイ『ハンガリー』秋山晋吾共訳(白水社, 1999年)
  • A・アンダーソン『ハンガリー1956――新訳』(現代思潮新社, 2006年)
  • ビル・ローマックス『終わりなき革命――ハンガリー1956』(彩流社, 2006年)
  • 歴史学の未来へ ノーマン・J.ウィルソン 木村真共監訳 法政大学出版局, 2011.4.

脚注[編集]

  1. ^ a b c 南塚信吾 記念講演”. 富山まちなか情報ハブステーション[なかもん Web] 〜Nan,Come on!〜. 2013年10月27日閲覧。
  2. ^ [1]