デア・シュピーゲル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Der Spiegel
Logo-der spiegel.svg
ジャンル ニュース週刊誌
刊行頻度 週刊
発売国 ドイツの旗 ドイツ
言語 ドイツ語
出版社 Spiegel-Verlag
ISSN 0038-7452
刊行期間 1947年1月4日 - 現在
ウェブサイト www.spiegel.de

デア・シュピーゲル 』(Der Spiegel) は、ドイツの週刊誌。発行部数がヨーロッパで最も多いニュース週刊誌であり、毎週平均110万部が売られている。時の政府とも論陣を張る進歩的なメディアである。誌名はドイツ語の意。発行元は Spiegel-Verlag(Mirror publisher、鏡出版)で、本社はハンブルクに所在する。最近は競合誌『フォークス』(Focus) の出現で従来の勢いはない。

概要[編集]

『デア・シュピーゲル』は1947年1月4日ハノーファーで創刊された。その前身は1946年11月にイギリス占領軍によって後援され短期間発行された 『ディーゼボッヘ(Diese Woche)』(「今週」の意)[1]という雑誌であった。イギリス軍と編集方針で衝突した後、雑誌はドイツ人編集者のルドルフ・アウグシュタイン(en:Rudolf Augstein)によって Der Spiegel と改名されて発行されることとなった。アウグシュタインは、1947年1月の第1版から2002年11月7日に死去するまで編集長を務めた。

同誌は1950年以降アウグシュタインとヨーン・ヤールが共同で所有したが、ヤールの所有分は1962年にリヒャルト・グルナーに取って代わられた。1969年、アウグシュタインはグルナーからその所有分を4,200万マルクで買い取り、単独のオーナーとなった。1971年にグルナーとヤールの共同会社が再び25パーセントの株を取得した。1974年にアウグシュタインは従業員株主を作るために会社を再構成し、同社に3年以上雇用されていた全ての従業員は会社の経営に参加する機会を提示された。

『デア・シュピーゲル』は1952年以来ハンブルクに本社をもつ[2]。同誌は『タイム』や『ニューズウィーク』といったアメリカのニュース雑誌にスタイルがよく似ている。しかしながらその詳細な長編記事はアトランティック・マンスリーエコノミストに匹敵する。同誌はその特殊な学術的文体や、法外な重量でよく知られている。同誌は200ページを超えるにもかかわらず、広告と記事の割合は2:1の比率となっている。

シュピーゲル事件[編集]

1962年10月にシュピーゲル誌がNATOの図上演習の詳細をすっぱ抜いたことから編集長のルドルフ・アウグシュタインが逮捕され109日間に亘って拘留された。しかし、世論の批判を浴び、時の西ドイツ外相のフランツ・ヨーゼフ・シュトラウス(en:Franz Josef Strauss)の辞任に至った。これをシュピーゲル事件en:Spiegel Affair)という。

関連雑誌[編集]

  • 『シュピーゲル・スペシャル』 (Spiegel Special) - 不定期発行の特集増刊号シリーズ。大きなテーマを1つといくつかの小さなテーマで構成されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大辞林 第三版の解説”. コトバンク. 2018年5月5日閲覧。
  2. ^ 『新ドイツの街角から』 2011, p. 39.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]