ワシーリー・スターリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワシーリー・ヨシフォヴィチ・ジュガシヴィリ
Василий Иосифович Джугашвили
渾名 ワシーリー・スターリン
ワシーリー・パヴァロヴィッチ・ヴァシリエフ
生誕 1921年3月21日
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国の旗 ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国 モスクワ
死没 1962年3月19日(40歳没)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
タタールスタン共和国カザン
所属組織 Red Army flag.svgソビエト連邦軍
軍歴 1940年 - 1953年
カチン航空学校
第16航空連隊
モスクワ軍管区
最終階級 空軍中将
テンプレートを表示

ワシーリー・ヨシフォヴィチ・ジュガシヴィリロシア語: Василий Иосифович Джугашвили1921年3月21日 - 1962年3月19日)は、ソヴィエト連邦の軍人。最終階級は空軍中将

ソヴィエト連邦政府の第2代国家指導者ヨシフ・スターリンの次男で、ワシーリー・スターリンと表記されることもある。第二次世界大戦で戦死した父の長男ヤーコフ・ジュガシヴィリとは異母兄弟の関係となる。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1921年3月21日、ソヴィエト連邦政府の指導者ヨシフ・ヴィッサリオノヴィチ・ジュガシヴィリ(ヨシフ・スターリン)と、その妻ナジェージダ・アリルーエワの子して生まれる。父からはワシカ・クラースヌイ(Васька Красный;赤猫)という渾名で呼ばれていた。母のアリルーエワは父スターリンの後妻であった為、前妻との子である兄ヤーコフ・ヴィッサリオノヴィチ・ジュガシヴィリとは腹違いの兄弟であった。

父スターリンは前妻エカテリーナ・スワニーゼ以外の家族に深い愛情を注ぐ事はなく、父と疎遠であった兄ヤーコフと同じくワシーリーも冷淡な態度で扱われていた。国家指導者の息子でありながら特別扱いを受ける事もなく教育を受け、治安上の警護も付けられず路面電車で通学していた。1932年11月8日、母アリルーエワが自殺した後は一層にこの傾向が深まり、ワシーリーと同母妹スヴェトラーナの育児は殆ど自宅の家政婦に任されていた。

1938年、17歳のワシーリーは軍務を望んでクリミアのカチン航空学校入校を希望し、密かに父の側近ラヴレンチー・ベリヤの推薦を得て入校した。

第二次世界大戦[編集]

空軍学校においてワシーリーは父の威光を重役達が恐れるのを利用してツァーリの如く振る舞ったという。他の生徒とは別に個室を与えられ、将校食堂で食事を取り、外出許可まで与えられていた。だが当の父親であるスターリンが事実を知ると激怒し、空軍学校の校長に「いかなる特別扱いも行ってはならない」と指示した。以降、ワシーリーも普通の生徒と同じ扱いになった。こうした逸話にも関わらず陽気な性格から他の生徒達に人気があり、生徒隊長選抜の際には推薦もされた。

1940年4月、空軍学校卒業後に空軍パイロットとしてモスクワ郊外の第16航空連隊に配属され、軍人としての経歴が始まった。先の命令にも関わらず軍内では父の威光による特別扱いを受け続け、第二次世界大戦期には人材不足であったとはいえ、異様なスピードで昇進を重ねた。1941年独ソ戦勃発時に空軍参謀本部附属の監察飛行士であったワシーリーは同年12月には20歳の若さで空軍少佐に任官している。そればかりか数ヵ月後に更なる昇進を重ね、1942年2月には21歳で空軍大佐にまで栄達している。なお、実務面では26回の出撃で撃墜2機・協同撃墜3機であった。大戦中、陸軍中尉として砲兵中隊を率いていた兄ヤーコフがヴィテプスクの戦いで捕虜となり、父に見捨てられた末に自決に追い込まれている。

1946年、終戦後には遂に少将昇進が決定された。翌年には早くも空軍中将に格上げされ、モスクワ軍管区の空軍司令官に抜擢されている。だが一パイロットとしてはともかく司令官としては何の経験も存在しておらず、また意欲も無かった。彼は専ら得た地位を活用してスポーツを振興する事に熱意を注いだ。

スポーツ振興[編集]

私生活ではホッケーに深い興味を持ち、妻となるガリーナ・ブルドスカイアもホッケー選手のウラジーミル・メニシコフから紹介されたのが縁だとされている。ワシーリーは彼女に夢中になって毎晩花束を抱えてバイクで家に通い、彼女に見せ付けるためにモスクワ川上空に飛行機を旋回させる事までして、情に絆されたガリーナは結婚に応じたという。

彼の努力によって10ものスポーツ・チームが編成されたが、中でもやはり自らGMを務めたホッケー代表チームが一番の自慢であった。1950年、ホッケー代表チームは移動中に落雷による飛行機事故で全員が死亡する災難に見舞われたが、ワシーリーは自身に責任が及ぶ事を恐れて新しいメンバーを掻き集めて取り繕ったという。その際、父にも恐る恐る報告したが、そもそもホッケーに興味が無かったスターリンは選手の顔など覚えておらず、何の反応も示さなかったという[1]

失脚[編集]

1952年7月27日、トゥシノで空軍記念日を祝ってモスクワ軍管区の空軍部隊による観閲飛行が行われた。責任者であるワシーリーは父に見栄を張りたいと考えてか、悪天候の中にも関わらず強引にB-29のコピー品であるTu-4爆撃機を飛行隊に参加させ、結果として1機のTu-4が墜落事故を起こした。失態に加えて観閲飛行終了後にスターリンの別荘で行われた会合にも参加せず、度重なる乱行に愛想を尽かした父と空軍によって遂に司令官を解任された。

解任から暫くして父が病没すると、後ろ盾を失いつつあったワシーリーは1953年4月28日に国家反逆罪の容疑で逮捕された。彼は「外国の通信員に会ったら全部話してやる」と息巻いていたといい、この発言が徒となってスパイ疑惑が持たれた。裁判ではこれまでの行為に対する断罪も行われ、党指導部に対する中傷、反ソヴィエト的な言動、及び軍務怠慢や汚職などの追求を受けた。調査責任者を務めた検察官レフ・ウラドジミンスキーは反逆者への無慈悲な捜査方針で知られており、拷問こそされなかったが苛烈な尋問を行い、ワシーリーは実際には無関係であった罪状まで全て「自白」している。

1953年12月、彼の庇護者であったラヴレンチー・ベリヤがスターリン死後の闘争に敗れて処刑される。新たに台頭したニキータ・フルシチョフはスターリン派に対する粛清を進め、ワシーリーの立場は益々悪化していった。彼はマレンコフやフルシチョフに温情ある決定を嘆願したが、聞き入れられず略式裁判で懲役8年が言い渡された。ワシーリーの身柄は連邦最高会議幹部会の指示によって警戒厳重なウラジミールスキー・ツェントラル刑務所(ウラジーミル中央刑務所)に送られ、そこではヴァシーリー・パヴロヴィチ・ヴァシリエフ(Vasily Pavlovich Vasilyev)と名乗らされた。

釈放と死[編集]

1960年1月11日、ワシーリーは一年程早く刑期を終えて釈放された。釈放時には彼を取り巻く政治情勢は軟化しつつあり、元将官としてモスクワ市内の住居と年300ルーブルの恩給が支払われた。また空軍中将時代の軍服や勲章の着用も許可された。だがワシーリーはアルコール依存症となり、彼の素行はモスクワにも伝えられた。1960年4月9日クレムリンにおいて父の旧友クリメント・ヴォロシーロフと会見してアルコールを止めるように強く勧められた。4月15日、ワシーリーは治療のための入国許可を中国大使館に要請したが、折りしも中ソ対立の真っ最中であった。最高会議幹部会は彼の釈放取消、名誉剥奪を決定してカザンに追放した。

1962年3月19日、カザンで急性アルコール中毒によって死去したとされるが、事実は定かではない。2002年11月、モスクワのトロエクロフスコエ墓地に改葬された。

引用[編集]

  1. ^ http://www.nytimes.com/2011/09/08/world/europe/08russia.html

外部リンク[編集]

関連項目[編集]