ルイセンコ論争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ルイセンコ論争(ルイセンコろんそう)とは、環境因子が形質の変化を引き起こし、その獲得形質遺伝するというトロフィム・ルイセンコの学説に関する論争。及びそれに伴ったソビエト連邦における反遺伝学キャンペーン。ミチューリンが先鞭をつけたといわれるミチューリンの名を冠したミチューリン主義農法、またこれを応用したヤロビ農法春化処理ロシア語: Яровизация ヤロヴィザーツィヤから)などと共に議論される場合が多い。科学(と彼等が信じた方法)とイデオロギーの双方が結びついて補強し合った結果、国家規模の被害を出した一例として疑似科学等で取り上げられる。

概要[編集]

クレムリンで演説するルイセンコ
後ろには右からスターリンアンドレーエフミコヤンコシオールが並んでいる

ルイセンコの学説は1934年に発表され、スターリン政権下で「マルクス・レーニン主義弁証法的唯物論を証明するものだ」とされ、メンデルの遺伝学ブルジョア理論として否定された。

ルイセンコは低温処理によって春まき小麦秋まきに、秋まき小麦が春まきに変わることを発見したとされている。これはいわゆる春化処理であるが、ルイセンコはこれを遺伝的性質がこのような操作によって変化するものと見なし、これまでのメンデル遺伝学自然選択説を否定した。後天的に獲得した性質が遺伝されるというルイセンコの学説は努力すれば必ず報われるという共産主義国家には都合のよい理論であり、スターリンもこれを強く支持した。

当時のソ連の生物学会ではルイセンコの学説に反対する生物学者は処刑されたり、強制収容所に送られるなど粛清されていた。1947年に日本の学界にも導入されルイセンコの学説を擁護する学者があらわれ、ルイセンコの提唱した低温処理を利用するヤロビ農法が寒冷地の農家に広まった。また中国でも毛沢東大躍進政策の中でルイセンコの学説を採用し、数多くの餓死者を出した。朝鮮民主主義人民共和国でも、金日成の指導の下にルイセンコ学説を利用した主体農法が実施されたが、土地の急速な栄養不足におちいり、これに天候不良が重なることで1990年代の食糧不足につながった。スターリンの死後はスターリン批判に伴いルイセンコも批判され論争で得た地位を一旦は失ったものの、フルシチョフの知遇を得たルイセンコ派は再び巻き返すことに成功する。この結果、ソ連の農業生産は著しい被害を蒙り、分子生物学及び遺伝子工学などの分野は世界から立ち遅れる事となる。

DNAの構造や機能が解明されていくにつれ、ルイセンコ学説の支持者はいなくなっていった。

1964年、ソビエト科学アカデミーにおいて一連の議論と投票が行われ、この学説は途絶える事となった。

参考文献[編集]

  • 『ルイセンコ学説の興亡』ジョレス・A・メドヴェージェフ(著)、金光不二夫(訳)、河出書房新社(1971年)
  • 『日本のルィセンコ論争』中村禎里(著)、みすず書房(1997年、1974年出版の『ルイセンコ論争』の再版)
  • 『日本農民のヤロビ農法 ミチューリン主義農業技術の実地手引』下伊那ミチューリン会菊池謙一(編著)蒼樹社(1953年)
  • Dominique Lecourt, 1976 Lyssenko. Histoire réelle d'un <<science proletariennne>>, Françoit Maspero.

関連項目[編集]