興教寺 (西安市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
興教寺にある玄奘の舎利塔

興教寺(こうきょうじ)は、中華人民共和国陝西省西安市の南郊20kmの長安区少陵原にある仏教寺院である。

概要[編集]

玄奘三蔵の遺骨を保存する五層の舎利塔が寺内にある。その外、玄奘の弟子の窺基円測の舎利塔もある。

創建は669年総章2年)で、玄奘の遺骨を葬るために建てられた。664年麟徳元年)に葬られた東郊の白鹿原から樊川の風栖原に改葬したのが、当寺である。朝の樊川八大寺院の1つである。唐末黄巣の乱の際に舎利塔が破壊され、玄奘の遺骨(或いは唯だ頂骨のみという)は行方知れずとなった。

舎利塔は再び唐朝の建築によって再建されたが、朝の同治年間に被災し、中華民国時代に修復された。文化大革命時は宗教活動は停止させられたものの、建築物の被害はなかった。これは周恩来の指示によるものとされる。

玄奘及びその弟子たちの3つの舎利塔は、シルクロードにより東西の交流があったことを示すものとして、2014年にシルクロード:長安-天山回廊の交易路網の構成資産のひとつとして世界文化遺産に指定された。

アクセス[編集]

西安地下鉄2号線、航天城駅で下車。駅のすぐ上にある「東長安路西口」バス停で917路バスに乗り約30分の「興教寺」バス停下車後徒歩10分。入場無料。

座標: 北緯34度05分29秒 東経109度02分02秒 / 北緯34.09139度 東経109.03389度 / 34.09139; 109.03389