中華人民共和国国家監察委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中華人民共和国国家監察委員会[1](ちゅうかじんみんきょうわこくこっかかんさついいんかい、英:National Supervision Commission of the People's Republic of China)は、最高人民法院最高人民検察院と並ぶ中華人民共和国の最高監察機関の一つであり、副国家級 [2]に相当する。”国家監察委員会””国家監委”とも略称する。

沿革[編集]

2018年の第十三期全国人民代表大会第一次会議における中華人民共和国憲法の改正、及び中華人民共和国監察法の法案通過後に設置された [3]。国家監察委員会は中国共産党中央規律検査委員会と合同の庁舎に置かれている(合署办公[4]。国家監察委員会は、憲法および関連法律に従い、公職に就いている者の政治倫理上の問題について監督、調査及び処分を担当し、責任を負うものとしている。

職責[編集]

機構[編集]

国家監察委員会の構成員[編集]

国家監察委員会は、主任、副主任、若干数の委員で組織され、国家監察委員会主任は国家級副職領導人に属しており、国家の最高権力機関である全国人民代表大会から選出される。国家監察委員会主任は全人代常務委員会に対して副主任及び委員の任命を提案することができる。

第十三期国家監察委員会

参考文献[編集]

  1. ^ “《中国共产党中央委员会关于修改宪法部分内容的建议》”. 新华社北京2018年2月25日电第一百二十四条 中华人民共和国设立国家监察委员会和地方各级监察委员会。第一百二十五条 中华人民共和国国家监察委员会是最高监察机关。国家监察委员会领导地方各级监察委员会的工作,上级监察委员会领导下级监察委员会的工作。. (2018年2月25日). オリジナルの2018年2月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180225153932/http://www.xinhuanet.com/politics/2018-02/25/c_1122451187.htm 
  2. ^ 两会速递:监察委主任规格高 杨晓渡获提名”. 多维新闻网 (2018年3月17日). 2018年3月18日閲覧。
  3. ^ “中国或于2018年设立国家监察委员会”. 联合早报. (2016年11月10日). http://www.zaobao.com/news/advance/story20161110-688631 
  4. ^ 为什么中央纪委与国家监察委员会要合署办公?”. 中央纪委监察部网站 (2018年2月2日). 2018年3月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]