楊潔篪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
楊潔篪
杨洁篪
楊潔篪
Yang Jiechi
Jiechi.jpg
アメリカのレックス・ティラーソン国務長官との会合(2017年9月12日)
生年月日 (1950-05-01) 1950年5月1日(71歳)
出生地 中華人民共和国の旗 中華人民共和国 上海市
出身校 ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス
所属政党 Flag of the Chinese Communist Party.svg 中国共産党
配偶者 楽愛妹
子女 杨家乐

Flag of the Chinese Communist Party.svg 中国共産党
中央外事工領導弁公室主任
在任期間 2013年8月 - 現職
党総書記 習近平

中華人民共和国の旗 中華人民共和国
外交担当国務委員
内閣 李克強内閣
在任期間 2013年3月16日 - 2018年3月19日
国務院総理 李克強

内閣 温家宝内閣
在任期間 2007年4月27日 - 2013年3月16日
国務院総理 温家宝
テンプレートを表示
楊潔篪
職業: 政治家・外交官
各種表記
繁体字 楊潔篪
簡体字 杨洁篪
拼音 Yáng Jiéchí
和名表記: よう けつち
発音転記: ヤン・チエチー
テンプレートを表示

楊 潔篪(よう けつち[1][2]、簡体字:杨 洁篪、繁体字:楊 潔篪、英語:Yang Jiechi(ヤン・チエチー)1950年5月1日 - )は、中華人民共和国政治家外交官中国共産党中央政治局委員、中共中央外事活動委員会弁公室主任、第10代外交部長、外交担当国務委員を歴任した。

略歴[編集]

1950年5月1日に上海市に誕生する。1963年に上海外国語学院(現在の上海外国語大学)附属中学に入学した。1968年文化大革命によって学業を中断され、工場勤務を強いられた。その後、1971年12月に中国共産党へ入党する[3]

アメリカ合衆国と中華人民共和国が正式に外交関係を樹立以前、外交部は外国語の堪能な人材を選抜し、イギリスに留学させていた。楊も1973年にイギリスに派遣され、バース大学ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで学んだ。1975年に帰国した楊は、外交部翻訳室に配属された。後にアメリカ合衆国大統領となるジョージ・H・W・ブッシュ1974年から1975年にかけて、アメリカ合衆国在北京連絡事務所長を務めた)が1977年に中国を訪問した際には、その全日程において、通訳として陪席している。

1983年以降駐アメリカ合衆国大使館二等書記官、一等書記官、参事官、外交部北アメリカ・オセアニア局参事官兼処長、副局長、公使、外交部部長助理(外務次官補に相当)などを歴任。1998年2月には外交部副部長(外務次官)となったが[3]、これは当時の中国で最年少の副部長であった。

2001年2月16日に第7代駐米全権大使に任命された[4]。楊は当時50歳で、20年以上に渡る中国とアメリカの国交の歴史において最年少の駐アメリカ大使である。

大使の任期を終えて2005年3月に帰国した楊は、外交部副部長に再任される。2007年4月27日に外交部長に就任[3]

2013年3月16日に外交部長を退任し、国務委員に就任[5]

2017年10月、党第19期第1回中央委員会全員会議で中央政治局委員に選出された。

中国共産党での経歴は、第16期中央委員候補、第17・18・19期中央委員、第19期政治局委員。中央外事活動委員会弁公室主任。

2019年7日に北村滋と会談を行っている[6]

2020年8月22日に韓国を訪問した。釜山市徐薫(国家安保室長)と会談し、習近平の早期の韓国訪問などで合意した。この当時はアメリカと中国の経済摩擦が激化した時期であり、友好国への根回しと目された[7]

2021年3月のブリンケンとの会談[編集]

2021年3月18日にアメリカ合衆国のアラスカ州アンカレッジで開催されたハイレベル戦略対話に王毅国務委員兼外交部長と共に出席した。アントニー・ブリンケン国務長官ジェイク・サリバン国家安全保障問題担当大統領補佐官ジョー・バイデン政権発足後初の対話を行った[8]。ブリンケンは日韓を訪問して中国に立ち寄らず、米国に帰国する途中でアラスカに立ち寄ったところだった。昨年6月に楊と当時のポンペオ国務長官がハワイで米中外交トップ会談を行っており、外交上の相互主義の原則に従うなら、今回は中国で会談を行う必要があったが、そうはならなかった[9]

会談は冒頭から激しい非難の応酬になるという異例のものとなり、米中新冷戦が始まったことを象徴する会談となった[10]。ブリンケンが冒頭から「新疆ウイグルや香港、台湾、米国へのサイバー攻撃や同盟国への経済的搾取について深い懸念を議論する。これらの行動はルールに基づく秩序を脅かしている」と述べると、楊は怒りに満ちた表情になり、冒頭発言は2分ずつという双方の合意を無視して20分近い反論を始めた[11]。「新疆ウイグル自治区、チベット自治区、そして台湾は中国の不可分の領土であり、内政に干渉する行為には断固として反対する」「アメリカにはアメリカの民主主義があり、中国には中国の民主主義がある。アメリカは自らの民主主義を押し広めるべきではない」「アメリカは軍事力と金融覇権を用いて他国に圧力をかけ、国家安全保障という概念を乱用し、正常な貿易を妨害し、一部の国を煽って中国を攻撃している」「アメリカの人権問題は根深く、この4年間に浮上したものではなく、黒人への殺戮は昔からある。他国に矛先を向けるべきではなく、アメリカこそ人権でより良い対応を取るよう希望する」とアメリカを非難した[10][12]

これに対してブリンケンは「国務長官として世界の100近い国と話し、最初の外国訪問として日本と韓国も訪れたが、私が聞いている話は貴方の主張と大きく異なる。私が聞いているのはアメリカの復活と同盟国や友好国への関与に対する深い満足と中国の行為に対する深い懸念である」「私たちが世界に関与する上での指導力は完全に自発的に構築された同盟や友好関係によるものだ」「アメリカは国内ではより完全な団結を目指し、不完全さや過ちを認め、開放的に透明性をもって立ち向かってきた。課題から目を背けたり、存在しないように装ったり、隠したりしない」と述べた[12]

楊は「アメリカを好意的に見すぎていた。基本的な外交儀礼を守るべきだ」「貴方たちは強者の立場で我々と話す資格は無い。もし貴方たちが、我々としっかりと付き合いたいのであれば我々は互いに敬意を払って付き合うべきだ」「我々が西洋人から受けた苦しみはまだ足りないというのか。外国から押さえつけられた時間がまだ短いというのか」と述べて過去の歴史を引き合いに西洋を非難したうえで「中国の首を絞め、抑圧しようとしても最後に損をするのは自分自身だ」と述べた[12]

アメリカの報道機関はこの会談を「言葉の戦争」と報じ[11]、中国の国営メディアは「アメリカ側は、中国の政策を根拠無く非難した。これは外交儀礼に反しており、中国は厳正に対処した」と報じた[10]。ブリンケンは会談の中で同盟国や友好国の懸念も伝えたと明かしており、尖閣諸島沖への中国公船侵入にも言及したとみられる[13]。一方で、ブリンケンは「イラン・北朝鮮・アフガニスタン・気候変動について、我々の利害は重なっている」と述べており、中国国営新華社通信も米中は気候変動をめぐり共同作業グループを設置したと発表した[13]

この会談における楊の「台湾は中国の不可分の領土」という主張に対して、台湾の蔡英文総統は「中華民国は主権国家だ。台湾は中華人民共和国に属したことは無く、将来もあり得ない」という談話を出して反論した[14]

名前について[編集]

」は本来楽器の一つを表す文字であり、音は「」と同音同声調で「」とは音が異なる。「楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)」と表記されることもある[6]

逸話[編集]

  • 2021年のブリンケンとの会談にて「反米の闘士」として国民的英雄となった楊だが、娘は米国にあるシドウェル・フレンズ・スクールの高等部、エール大学を卒業。高校、大学時代は奨学金を得ており、7年間で42万ドル(約4620万円)に上るとみられている。また、中学までを中国で過ごした娘がニクソン、クリントン、オバマなどの歴代大統領の子弟が通ったシドウェル・フレンズ・スクールに入学できたのは、父の楊が親中派のブッシュ元大統領父子とのコネによるものとされる[15]
  • 娘は大学卒業後も母と米国暮らしを続けており、2021年現在、ニューヨークマンハッタンにある高級コンドミニアムに住んでおり、この住居は娘名義で、購入したのは父の楊が外相だった時代で、価格は200万ドル(約2億1000万円)と言われる[16]

家族[編集]

  • 妻 - 楽愛妹
  • 娘 - 楊家楽

出典[編集]

  1. ^ 【報道発表】楊潔篪中国共産党中央政治局委員の訪日” (日本語). 外務省. 2019年12月5日閲覧。
  2. ^ 「現代外国人名録2016」. 日外アソシエーツ 
  3. ^ a b c 杨洁篪任外交部部長” (中国語). 新華网 (2007年4月27日). 2010年12月4日閲覧。
  4. ^ “克林頓接受我新任大使国書時表示 美中関係至関重要” (6 ed.). 人民日報. (1998年3月18日) 
  5. ^ 楊外相、国務委員に昇格へ−後任は王毅・元日本大使WSJ
  6. ^ a b INC, SANKEI DIGITAL (2019年12月5日). “北村国家安全保障局長が訪中 楊氏らと会談へ” (日本語). 産経ニュース. 2019年12月5日閲覧。
  7. ^ 「中国支持」圧力をかけた楊潔チ政治局員…韓国の「均衡外交」が問われる”. 中央日報 (2020年8月24日). 2020年8月24日閲覧。
  8. ^ 楊潔篪氏と王毅氏、中国の立場表明 中米ハイレベル戦略対話”. 新華社 日本語版 (2021年3月19日). 2021年3月19日閲覧。
  9. ^ “アラスカでの米中対峙 屈辱受け入れた中国、メンツ捨て実利取る” (日本語). 産経新聞. (2021年3月19日) 2021年3月20日閲覧
  10. ^ a b c “米中会談、冒頭から応酬「深い懸念」「内政干渉に反対」外交トップ、アラスカで直接協議” (日本語). 日本経済新聞. (2021年3月19日) 2021年3月20日閲覧
  11. ^ a b 異例の展開、激しい応酬に” (日本語). 日本テレビ. (2021年3月19日) 2021年3月20日閲覧
  12. ^ a b c “【発言詳報】米中外交当局トップの初会談 異例の非難応酬” (日本語). NHK. (2021年3月19日) 2021年3月20日閲覧
  13. ^ a b “米中外交トップ、主張平行線 香港、新疆、台湾「相いれず」―気候変動では協力模索” (日本語). 時事通信. (2021年3月20日) 2021年3月20日閲覧
  14. ^ “「台湾は主権国家」と反論 中国の「不可分の領土」主張に” (日本語). 産経新聞. (2021年3月21日) 2021年3月25日閲覧
  15. ^ 国民的英雄となった中国「反米の闘士」 妻と娘はNY在住、2億円の高級コンドミニアム暮らし | 文春オンライン
  16. ^ (2ページ目)国民的英雄となった中国「反米の闘士」 妻と娘はNY在住、2億円の高級コンドミニアム暮らし | 文春オンライン

外部リンク[編集]

Flag of the Chinese Communist Party (Pre-1996).svg 中国共産党
先代:
戴秉国
中央外事工領導弁公室主任
2013年8月 -
次代:
現職
中華人民共和国の旗 中華人民共和国
先代:
戴秉国
外交担当国務委員
2013年3月16日 - 2018年3月19日
次代:
王毅
先代:
李肇星
外交部長
第10代:2007年4月27日 - 2013年3月16日
次代:
王毅
先代:
李肇星
アメリカ合衆国全権大使
2001年2月 - 2005年3月
次代:
周文重