李鵬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
李 鵬
李 鹏
Li Peng
Li Peng.png
2000年9月13日、ロシアクレムリンにて
生年月日 1928年10月20日(87歳)
出生地 中華民国の旗 中華民国上海市
所属政党 Flag of the Chinese Communist Party (Pre-1996).svg 中国共産党
配偶者 朱琳
親族 周恩来(養父)

中華人民共和国の旗 第7代全国人民代表大会常務委員長
在任期間 1998年3月16日 - 2003年3月15日
国家主席 江沢民

内閣 李鵬内閣
在任期間 1988年4月9日 - 1998年3月17日
1987年11月24日 - 1988年4月9日まで国務院総理代行
国家主席 楊尚昆
江沢民

中華人民共和国の旗 国務院副総理
内閣 趙紫陽内閣
在任期間 1983年6月20日 - 1988年4月9日
国家主席 李先念

内閣 趙紫陽内閣
在任期間 1985年6月18日 - 1988年4月9日

中華人民共和国の旗 第2代電力工業部長
内閣 趙紫陽内閣
在任期間 1981年3月 - 1982年3月
テンプレートを表示
李 鵬
各種表記
繁体字 李鵬
簡体字 李鹏
拼音 Lĭ Péng
和名表記: り ほう
発音転記: リー・ポン
テンプレートを表示

李 鵬(り ほう、リー・ポン、本名:李 遠芃1928年10月20日 - )は、中華人民共和国政治家国務院総理首相)、全国人民代表大会常務委員会委員長(国会議長に相当)、中国共産党中央政治局常務委員などを務めた。初代国務院総理の周恩来鄧穎超夫妻の養子となり、建国の元老である養父母を後ろ盾として国務院トップまで上り詰めた二世政治家である。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

李鵬の父の李硯勛中国共産党初期の指導者であったが、中国国民党に処刑されたといわれる。周恩来とその妻鄧穎超は子供に恵まれなかったため孤児を引き取って養っており、李鵬もその1人であった。

1945年11月、中国共産党に入党する。1948年から1955年までソ連に留学し、モスクワ科学動力学院で水力発電を学ぶ。帰国後、東北電管局所属の豊満水利発電廠や阜新発電廠で発電作業に従事した。1966年からは華北電管局所属の北京供電局に異動。1979年、電力部に移った。

1979年から1983年にかけて、電力工業部副部長(次官)、電力工業部長(大臣)、水利電力部副部長を歴任した。1982年9月の第12回党大会で中央委員に選出された。

国務院総理へ[編集]

1983年6月に国務院副総理となる。1985年の第12期党中央委員会第5回全体会議(第12期5中全会)で政治局委員中央書記処書記に選出する。同年6月、国家教育委員会主任(大臣級)に就任した。

1987年11月の第13期1中全会党総書記に就任した趙紫陽の後継として、国務院総理に指名され、政治局常務委員に選出される。1988年4月9日、正式に国務院総理に就任。

経済政策は引き続き趙紫陽が主管していたが、鄧小平が推進した価格改革によってハイパーインフレが発生し、趙紫陽は経済政策の転換を迫られた。李鵬は趙紫陽に替わって経済政策の実権を握り、1988年9月末の第13期3中全会で党指導部は経済改革をトーン・ダウンし、「調整・引き締め」を行うことを決定した[1]。ただし、李鵬も総理就任の活動報告で、価格改革の必要性を訴えていた。

1989年第二次天安門事件では一貫して強攻策を主張している。趙紫陽が北朝鮮の訪問中に留守を託された李鵬ら保守派は鄧小平に事態を誇張して報告し、鄧小平は学生運動を動乱と認定する。その意向は4月26日付『人民日報』社説である「旗幟鮮明に動乱に反対せよ」に反映された。この社説に対する見解を巡って趙紫陽と決裂し、学生との対話でも小バカにした態度に終始、さらに5月19日、党・国務院・人民解放軍などの幹部を集めた大会で行った講話でも学生たちの不満を煽った。

天安門事件によって趙紫陽総書記と胡啓立政治局常務委員の失脚が確定的となった後、鄧小平たち八大元老は総書記の人選に入ったが、李鵬が候補として挙げられた形跡はなく、上海市党委書記で学生デモや『世界経済導報』停刊の対応を評価された江沢民(当時政治局委員)の後塵を拝することになった。学生運動の開始後ずっと前面に出ていたため、国内外に対する印象の悪さも考慮されたと思われる。

李鵬は政局の安定を重視し、経済の自由化には消極的であった。天安門事件以降、李鵬ら保守派の影響力が強まり、改革開放路線は停滞すると、政局安定のために保守派と妥協していた鄧小平もついに業を煮やし、1992年の旧正月に広東省深圳市などの経済特区を突如訪れ、改革開放路線の推進・加速を訴える談話を発表して回った(南巡講話)。これ以降、改革派が勢いづき、李鵬ら保守派は影響力を失っていった。

政局および政策の転換により、1993年の任期をもって総理を退任し、経済通の朱鎔基が後継者となるという見解が大勢を占めていたが、これに反して続投が決まった。総理候補として挙がったのが李鵬だけだったため、事実上の信任投票となったが、反対票は曽慶紅2003年国家副主席就任)と同率の12.5%(反対210票)に達した。1994年、国内の大反対を押し切って、三峡ダムの着工を強行。家族に電力会社関係者が多く、批判を集めた。

1993年日本について、オーストラリア首相であったポール・キーティングが訪中した時に、「日本は取るに足るほどの国ではない。20年後には地上から消えていく国となろう[2]」あるいは「30年もしたら日本は大体つぶれるだろう[3]」といった内容の発言をしたとされている。

総理退任後[編集]

李鵬は1998年3月、朱鎔基に総理の座を譲り、全人代常務委員長に就任した。2002年4月に全人代常務委員長として訪日し、日中間の友好関係の構築について発言した[4]2003年に退任し、政界から引退した。

2008年2月5日、脳梗塞を起こし北京301医院に搬送された。半年後の9月25日、高速鉄道「和諧号」に乗車しているところを報じられ、健在が確認された。2009年3月に開かれた全人代にも出席している。 一方で、2009年11月にカナダの明鏡網が、李鵬が重病との情報を伝えている[5]

2010年6月、李鵬自身が第二次天安門事件勃発直前の動向についてまとめた手記が、香港にある新世紀出版社から出版されるとの報道があった。この手記は2004年に書き上げられたものの、党政治局によって発行禁止とされたために香港での出版となったが、直前になって版権を理由に出版が差し止められた。なお、同書はアメリカで出版にこぎつけているが、香港版と内容が同一であるかについては確認が取れていない。

子女[編集]

長男の李小鵬太子党の一員で、現在は山西省の省長である。

娘の李小琳中国語版中国電力国際発展有限公司中国語版会長を務めた人物で、「中国電力界の女王」の異名をとった。2016年に暴露されたパナマ文書では、タックス・ヘイヴンイギリス領ヴァージン諸島に会社を所有していたとされている[6]

年譜[編集]

「元宵」事件[編集]

人民日報』海外版1990年3月20日号に、美国(アメリカ合衆国)留学生の作として、以下の七言律詩が掲載された。

東風拂面催桃
鷂鷹舒翅展
玉盤照海熱涙
遊子登思故國
休負生報國志
育我勝萬金
起直追振華夏
且待神洲遍地春

そのまま読めば、春の訪れを待つ愛国的な留学生の気持ちを詠ったものである。しかし、右斜め上から下に「李鵬下台平民憤」(李鵬が辞めれば民の憤りは収まる)という文が隠されていたため大騒ぎになった。「人民我勝萬金」の列は、「人民我勝萬金」と誤って紹介されることがある。

中文版李鹏下台嵌字诗も参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 天児慧『巨龍の胎動 毛沢東VS鄧小平』<中国の歴史11>(講談社、2004年)、282ページ。
  2. ^ 参議院議員笠原潤一は「米国人の方はどちらかというと日本人よりも中国人の方に親近感を感じているわけです、長い歴史の上からいっても。中国人社会がいかにアメリカの中に溶け込んでいるかというのは日本人社会以上ですから。そういう点からいえば、時々は米中はぎすぎすしますけれども、お互いの話というのは、コミュニケーションというのは非常にいいわけです、これはもう第二次世界大戦の例を見てもわかるように。ですから、その点では我々はそういう点をもう少し認識しないと、日米というよりも中米の方が本当を言えばタイトなんですよ、いろんなことからいって非常に関係が深いわけですから。そういう点で、その点もしっかり把握しておかないと日米という問題は将来大変なことになるだろう」と米中日の関係を話したうえで、次のように報告している。「この前、ちょうどAPECを控えて、我が自民党で御承知のようにAPECの問題でアメリカとオーストラリアに行ってもらったんです。そのときに、オーストラリアのキーティング首相がこう言ったんです。中国の李鵬さんと会ったらどう言ったかといいますと、日本とのいろんな話をしたら、いや日本という国は三十年後にはなくなってしまうかもわからぬと、そう言ったというんです。これはうそじゃありません、これはほかの先生みんな行って言っているんですから。それくらい軽視されているわけです、ある意味では。」参議院 (1996年11月8日). “参議院会議録情報 第134回国会 国際問題に関する調査会 第2号” (日本語). 2007年9月4日閲覧。
  3. ^ 衆議院 (1998年5月9日). “衆議院会議録情報 第140回国会 行政改革に関する特別委員会 第4号” (日本語). 2007年9月4日閲覧。
  4. ^ [1]
  5. ^ [2]
  6. ^ “李鵬・元首相の娘、租税回避地に会社…香港紙”. 読売新聞. (2016年5月4日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20160504-OYT1T50042.html 2016年5月7日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

 中華人民共和国の旗中華人民共和国
先代:
喬石
全国人民代表大会
常務委員長
1998年 - 2003年
次代:
呉邦国
先代:
趙紫陽
国務院総理
1988年 - 1998年
次代:
朱鎔基
先代:
何東昌
国家教育委員会主任
1985年 - 1988年
次代:
李鉄映
先代:
劉瀾波
電力工業部長
1981年 - 1982年
次代:
水利電力部に再編