縦読み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

縦読み(たてよみ)とは、言葉遊び折句)の一種。一見すると通常の文章だが、各行の頭文字をつなげるとメッセージが表れる文章である。

読ませたい文章や単語を先に決め、に読むとそれが現れるあたりは「あいうえお作文」と似ているが、ほとんどの場合は意図的に読み方を変えさせるよう作ったものであるため、正確には異なるものといえる。違いは後項で詳しく解説する。

概要[編集]

作る手順は基本的に、まず読ませたい文章(縦、又は斜め)を考え、それが頭文字になるよう本文を考える、という順番である。 ネット文化においては、BBSに本文の趣旨とは正反対の文章を縦読みで仕込んだコメントを投稿することでしばしば煽りの手段として用いられるほか、掲示板等のホームページの管理人に縦読みを仕込んだメールを送ったり、ブログ等のコメント欄に縦読みのコメントを仕込み、削除されるのを避けるという使い方もされる。

ネット以前の使用[編集]

この手の手法はネット発祥というわけではなく、以前から存在する。古くは和歌に横読みで別の文句を読み込む技法が流行し、これを折句と称した。暗号を各句の頭に置くことを「冠」、末尾に置くことを「沓」、頭と末尾の双方に暗号を折り込むことを「沓冠」といった。下記の歌の頭文字を横に取ると「かきつはた(カキツバタ)」と花の名前になる。

からころも
きつつなれにし
つましあれば
はるばるきぬる
たびをしぞおもふ (伊勢物語

作者不詳の「いろはにほへと」のいわゆるいろは歌を、七文字ごとに区切って末尾を横読みすると「とかなくてしす(科無くて死す)」となる。これにより、いろは歌は、無実の罪に落ちた者が遺恨を込めて製作したものとする俗説があった。『仮名手本忠臣蔵』の題名は、幕府の不公平な処分による浅野内匠頭の無念の死と、いろは歌を掛けたものとする俗説がすでに江戸時代の発表当初から流布していた。

また、テレビ番組『私は名探偵・完全犯罪をつぶせ!』(1982年昭和57年)4月 - 1983年(昭和58年)3月テレビ東京)の劇中トリックでは、自分が息絶えるまでのわずかな時間に原稿用紙に書いた自作のを書き換えて一番上の段と一番下の段にダイイング・メッセージを埋め込んだ(つまり縦書きの文章に横読みの文章を2つ埋め込んだ)ことで、犯人に読ませたうえで真意を知られることなく第三者に知らせている。

斜め読み[編集]

斜め読みは、縦読みから派生した言葉文化の一つ。等幅文字で行頭を左に詰めた複数行の文章であり、n行目のn文字目をつなげて意味を持たせている。一般に、判別は通常の縦読みと比較してさらに困難であり、高い注意力を有する読者にのみそれと気づかせるために用いられる。一見してめだたないような文章を装っていることが多いが、作成は高難度で時間もかかる。

人民日報海外版1990年3月20日号に掲載された「元宵」という漢詩が、斜め読みすると李鵬の辞任を要求しているとして大きな問題になった。

東風拂面催桃
鷂鷹舒翅展
玉盤照海熱涙
遊子登思故國
休負生報國志
育我。勝萬金
起直追振華夏
且待神洲遍地春

右斜め上から下に「李鵬下台平民憤」と読め、「李鵬は辞めよ。民は憤る」という意味になる。中国語版李鵬下台嵌字詩も参照。

縦読みの例[編集]

読みとは、言葉遊びの一種。一見すると通常の文章だが、各行の頭文字をつなげるとメッセージが表れる文章の事であり、
ませたい文章や単語を先に決め、縦に読むとそれが現れるあたり、あいうえお作文と似るが、ほとんどの場合、意図的に読
方を変えさせるよう作ったものであるため、正確には異なるものといえる。違いは後項で詳しく解説する。
る手順は基本的に、まず読ませたい文章(縦、又は斜め)を考え、それが頭文字になるよう本文を考える、という順番であ
。これには高度な技術と豊富な語彙が必要になり、中には斜め、下から上、一つの文章に2列以上の読みが隠されているも
もある。使用される場面は、主に掲示板などであり、ほとんどの場合、縦読みには本文とは正反対の文章 が隠されているた
、しばしば煽りに使われる。また、掲示板等のホームページの管理人に縦読みを仕込んだメールを送ったり、ブログ等のコメ
ト欄に縦読みのコメントを仕込み、削除されるのを避けるという使い方もされ、否定的なイメージがあるが、谷川俊太郎な
も、縦読みの手法を扱った詩を書いていて、漫画「デスノート」でも、横読みの文章(縦書きの文章に横読みの文章)が書
てある遺書などが作中で出てきており、インターネット以外にも縦読みの手法は使用されている。
め読みは、縦読みから派生した言葉文化の一つ。等幅文字で行頭を左に
詰た複数行の文章であり、n行目のn文字目をつなげて意味を持たせている。
一般、判別は通常の縦読みと比較してさらに困難であり、高い注意力を
有する者にのみそれと気づかせるために用いられる。
一見してだたないような文章を装っていることが多いが、作成は高難度で
時間もかか

著名な使用例[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]