河上肇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
河上 肇
マルクス経済学
河上肇
生誕 1879年10月20日
日本の旗 日本山口県
死没 1946年1月30日(満66歳没)
研究機関 京都帝国大学
母校 東京帝国大学
影響を
受けた人物
内村鑑三
影響を
与えた人物
柴田敬難波大助近衛文麿木戸幸一水田三喜男宇都宮徳馬蜷川虎三水谷長三郎渡瀬譲毛沢東郭沫若李登輝周恩来
テンプレートを表示
法然院にある河上肇と夫人の墓

河上 肇(かわかみ はじめ、1879年10月20日 - 1946年1月30日)は、日本の経済学者である。京都帝国大学マルクス経済学の研究を行っていたが、教授の職を辞し、共産主義の実践活動に入る。日本共産党の党員となったため検挙され、獄中生活を送る。カール・マルクス資本論』の翻訳(第一巻の一部のみ翻訳)やコミンテルン三十二年テーゼの翻訳のほか、ベストセラー『貧乏物語』の他に、『第二貧乏物語』『資本論入門』の著作がある。死後に刊行された『自叙伝』は広く読まれた。名文家であり、漢詩もよく知られている。福田徳三とは終生のライバルであった。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

山口県玖珂郡岩国町(現在の岩国市)に旧岩国藩の家に生まれる。祖母に溺愛され、わがままに育ったという。[1]山口尋常中学校山口高等学校文科を卒業し、東京帝国大学法科大学政治科に入学。その時、故郷では見ることの出来なかった東京の貧富の差に大変なショックを受ける。その後、キリスト教内村鑑三に大きな影響を受け、また足尾銅山鉱毒事件の演説会で感激し、その場で外套、羽織、襟巻きを寄付して、『東京毎日新聞』に「特志な大学生」であると報ぜられた。1902年(明治35)大学を卒業。その後国家学会雑誌に投稿するようになり、人々の幸福に経済学をもって貢献しよう、と考えるようになる。1903年(明治36)東京帝国大学農科大学実科講師に就任。その後専修学校台湾協会専門学校学習院などの講師を兼任し、読売新聞に経済記事を執筆。1905年(明治38)、教職を辞し、無我愛を主張する伊藤証信の「無我苑」の生活に入るが、間もなく脱退し、読売新聞社に入る。

マルクス主義者として[編集]

党員時代に河上が使った共産党のゴム印

1908年(明治41)、田島錦治に請われ、京都帝大の講師となって以後は研究生活を送る。1912年には、これまでの自己の研究を総括した論文集『経済学研究』を執筆する。翌1913年には法学博士の学位を授与される。1913年大正2)から15年にかけて2年間のヨーロッパ留学に赴く。帰国後、教授。1916年(大正4)から新聞に『貧乏物語』を連載し、翌年出版。大正デモクラシーの風潮の中、貧困というテーマに経済学的に取り組んだ書はベストセラーになった。中にはマルクス経済学の紹介もあるが、結論は、貧乏をなくすには金持ちが奢侈をやめることだというものだった。河上は『貧乏物語』の中で「ワーキングプアが生まれるのは、富裕層が贅沢をして、社会が貧者の生活必需品を作らないからである」という批判を行い、社会全体が贅沢を止め、質素倹約をすれば貧困の問題は解消されると論じた[2]。しかし、その結論に対し、福田徳三社会主義者の堺利彦は「現実的ではない」と痛烈に批判している。

1920年(大正9)9月に京大で経済学部長になる。その後、マルクス経済学に傾倒し、研究を進める。1921年(大正10)河上が執筆した論文「断片」のため、雑誌『改造』は発売禁止となるが、この論文はのちに虎の門事件を起こす難波大助に影響を与えたという。1924年、労農派の櫛田民蔵が河上のマルクス主義解釈は間違っていると痛烈に批判した[3]。河上は批判が的を射ていることを認め[4]、マルクス主義の真髄を極めようと発奮する。『資本論』などマルクス主義文献の翻訳を進め、河上の講義は学生にも大きな影響を与えた。1928年(昭和3)、京都帝大を辞職し、大山郁夫のもと労働農民党の結成に参加。1930年(昭和5)、京都から東京に移るが、やがて労働農民党は誤っていると批判し、大山と決別。雑誌『改造』に『第二貧乏物語』を連載し、マルクス主義の入門書として広く読まれた。

昭和恐慌のときには、河上はデフレを放置しても問題ではなく、デフレを脱却しても資本主義経済の限界は解消されないと主張した[5]

京都大学を退官して、『資本論』の翻訳に没頭していた河上肇は、昭和初期から地下の共産党へのカンパを開始した。はじめは組織の末端にいた活動家に対する寄付だけだったが、1931(昭和6)年夏の頃、日大の民法学者杉ノ原舜一を介して、党中央と連絡が付き、資金を党中央に直接入れるようになった。当初は、月々百円単位(2千倍で換算して、百円は現在の20万円くらいと思ってよい)だったが、やがて、千円単位の臨時の寄付を度々頼まれるようになった。

そして1932年、河上自身が日本共産党に入党して、その地下運動に参加する。入党後の仕事は、機関紙「赤旗」の編集を助け、政治パンフレット作りに参加し、その執筆にあたることだった。この間にした仕事で最も知られているのは、コミンテルンが発表した32年テーゼ(日本共産党の基本的活動方針)をいちはやく入手して翻訳し、それを党名の本田弘藤名義で「赤旗」特別号に発表したことである。

1933年中野区で検挙され、治安維持法違反で豊多摩刑務所に収監される(のち市ヶ谷刑務所)。収監中に自らの共産党活動に対する敗北声明と転向を発し、大きな衝撃を与えた。また獄中で漢詩に親しみ、自ら漢詩を作るとともに、曹操陸游の詩に親しんだ。この成果は出獄後にさらにまとめた『陸放翁鑑賞』(放翁は陸游の号)などで見ることができる。1937年(昭和12)出獄後は、自叙伝などの執筆をする。1941年京都に転居。終戦後、活動への復帰を予定したが、1946年に逝去。1947年、『自叙伝』が刊行される。

著作[編集]

  • 『経済学上之根本観念』昌平堂川岡書店 千駄木叢書 1905
  • 『日本尊農論』横井時敬閲 読売新聞日就社 虚遊軒文庫 1905
  • 『社会主義評論』読売新聞社 1906
  • 『人生の帰趣』今古堂 1906
  • 『日本農政学』同文館 1906
  • 『無我愛の真理』昌平堂川岡書店 無我愛叢書 1906
  • 『経済学原論』有斐閣 1907
  • 『人類原始ノ生活』京都法学会 法律学経済学研究叢書 1909
  • 『時勢之変』読売新聞社 1911
  • 『経済学研究』博文館 1912
  • 『金ト信用ト物価 輓近物価騰貴之一研究』京都法学会 法律学経済学研究叢書 1913
  • 『経済原論』有斐閣 1913
  • 『祖国を顧みて』実業之日本社 1915 『祖国を顧みて 西欧紀行』岩波文庫
  • 『社会問題管見』弘文堂書房 1918
  • 貧乏物語』弘文堂 1917 のち岩波文庫
  • 『近世経済思想史論』岩波書店 1920
  • 『社会組織と社会革命に関する若干の考察』弘文堂 1922
  • 『唯物史観研究』弘文堂書店 1923
  • 『資本主義経済学の史的発展』弘文堂 1923
  • 『マルクス資本論略解』弘文堂書房 1925
  • 『階級闘争の必然性と其の必然的転化』弘文堂書房 マルキシズム叢書 1926
  • 『唯物史観の解説』大阪労働学校出版部 1926
  • 『人口問題批判』叢文閣 1927
  • 『経済学全集 第1巻 経済学大綱』改造社 1928 のち角川文庫
  • 『マルクス主義経済学』上野書店 1928
  • 『経済学全集 第8巻 マルクス主義経済学の基礎理論』改造社 1929
  • 『資本論入門』弘文堂書房 1929 のち青木文庫
  • 『小児病を克服せよ』同人社書店 新労農党パンフレツト 1929
  • 『マルクス主義のために』希望閣 1929
  • 『資本主義的搾取のカラクリ』同人社 労働者パンフレツト 1930
  • 『大衆に訴ふ 労農党の立場から』うきよ堂書房 1930
  • 『第二貧乏物語』改造社 1930
  • 『思ひ出 断片の部・抄出』日本民主主義文化連盟 1946
  • 『河上先生からの手紙』菅原昌人編 工研社 1946
  • 『雑草集 詩集』大雅堂 1946
  • 『資本主義的搾取とは何か』永美書房 1946
  • 『旅人 河上肇詩集』興風館 1946
  • 『ふるさと』朝日新聞社 1946
  • 『階級闘争の必然性及びその必然的転化』永美書房 1947
  • 『河上肇より櫛田民蔵への手紙』大内兵衛鎌倉文庫 1947
  • 『獄中贅語』河原書店 1947
  • 『古机』一灯書房 1947
  • 『自叙伝』全4巻 世界評論社 1947-48 のち岩波文庫
  • 陸放翁鑑賞』三一書房 1949
  • 『西洋と日本 他』朝日新聞社 朝日文庫 1951
  • 『遠くでかすかに鐘が鳴る』第一書林 1957
  • 『晩年の生活記録』第一書林 1958
  • 河上肇著作集』全12巻 筑摩書房 1964-65
  • 『河上肇詩集』筑摩叢書 1966
  • 『経済学史講義』杉原四郎校訂 大月書店 1973
  • 河上肇全集』全28巻 岩波書店 1982-84
  • 『続・河上肇全集』全7巻 岩波書店、1985
  • 『河上肇獄中往復書簡集』一海知義編 岩波書店 1986-87
  • 『河上肇評論集』杉原四郎編 岩波文庫 1987
  • 『河上肇の遺墨』一海知義,魚住和晃藤原書店 2007

翻訳[編集]

  • トルストイ『人生の意義』小田頼造共訳 今古堂 1906
  • 『ワグナー氏経済学原論』解説 同文館 世界経済叢書 1906
  • ピールソン『価値論』河田嗣郎共訳 宝文館 1911
  • フランク・フェター『物財の価値』評釈 有斐閣 経済学資料 1911
  • フィッシャー『資本及利子歩合』評釈 博文館 1912
  • アー[ヴィ]ング・フィシヤー, イゥジーン・エル・フィスク共編『如何に生活すべき乎』弘文堂書房 1917
  • カアル・マルクス『賃労働と資本・労賃、価格及び利潤』弘文堂書房 1923
  • デボーリン『レーニンの弁証法』訳編 弘文堂書房 マルキシズム叢書 1926
  • マルクス『賃労働と資本』岩波文庫 1927
  • マルクス『労賃・価格及び利潤』岩波文庫 1927
  • ブハーリン『労農ロシアの社会主義的建設 社会主義への道』大橋積共訳 弘文堂書房 政治批判叢書 1927
  • マルクス『資本論 第1巻』第1-5分冊 宮川実共訳 岩波文庫 1928-29
  • 『事項別レーニン選集 第1分冊 弁証法的唯物論について』弘文堂書房 1929
  • マルクス,エンゲルス『ドイッチェ・イデオロギー』共訳 我等社 1930
  • マルクス『政治経済学批判』宮川実共訳 改造社 1931

家族[編集]

実弟に画家の河上左京、義弟に日本共産党員として数々の事件を起こした大塚有章がおり、次女はその大塚に協力した地下運動家の河上芳子。

『貧乏物語』刊行の際には、河上左京による装幀が使われた。

大塚によると、河上は「真正直で融通がきかず、偏狭と見えるまで精神を一点に集中し得る特性」を持っていたという。[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『マルクス主義の偉大な先達 河上肇生誕百年記念誌』 河上肇生誕百年祭実行委員会、1979年、36頁。
  2. ^ 田中秀臣 『不謹慎な経済学』 講談社〈講談社biz〉、2008年、60頁。
  3. ^ 田中秀臣 『沈黙と抵抗-ある知識人の生涯、評伝・住谷悦治』 藤原書店、2001年、228頁。
  4. ^ 田中秀臣 『沈黙と抵抗-ある知識人の生涯、評伝・住谷悦治』 藤原書店、2001年、228-229頁。
  5. ^ 田中秀臣編著 『日本経済は復活するか』 藤原書店、2013年、288頁。
  6. ^ 『マルクス主義の偉大な先達 河上肇生誕百年記念誌』 河上肇生誕百年祭実行委員会、1979年、54頁。

参考文献[編集]

  • 伊藤隆 『日本の近代16-日本の内と外』
  • 河上肇 『自叙伝』
  • 『マルクス主義の偉大な先達 河上肇生誕百年記念誌』 河上肇生誕百年祭実行委員会、1979年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]