東アフリカ共同体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東アフリカ共同体の加盟国(緑色)

東アフリカ共同体(ひがしアフリカきょうどうたい、East African Community、略称「EAC」)は、ケニアタンザニアウガンダルワンダブルンジ南スーダン東アフリカ諸国により結成された共同体。本拠地は、タンザニアのアルーシャ市。将来的に単一通貨など地域統合を目指している。

歴史[編集]

1970年代に前身となる東アフリカ共同体が存在していたが、1977年にケニアとタンザニアの主導権争いや各国の国内事情などにより事実上瓦解。1978年にはウガンダがタンザニアに侵攻し合って交戦状態となり、完全消滅した(ウガンダ・タンザニア戦争)。その後、地域の情勢が安定した2001年にケニア、タンザニア、ウガンダの3か国により再結成が図られ、2005年には関税同盟が発足。2007年にはルワンダ、ブルンジが参画し、計5か国に拡大している。

スーダン南スーダンの2か国も加盟申請したが、2016年3月2日、南スーダンの加盟が承認された。

他地域との協定[編集]

2007年12月、欧州連合 (EU) との間で経済連携協定 (EPA) を締結。東アフリカ共同体から輸出する農産物の関税を撤廃するとともに、欧州から輸入する工業製品などの関税を段階的に撤廃することとした。

脚注[編集]