三国協力事務局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

三国協力事務局(さんこくきょうりょくじむきょく、英語: Trilateral Cooperation Secretariat中国語: 中日韩三国合作秘书处韓国語: 한중일 3국 협력 사무국)は2011年9月1日に活動を開始した、日中韓(日本中国韓国)3カ国の平和と繁栄を目指す国際機関。日中韓三国協力事務局とも。

概要[編集]

日中韓三国協力の始まりは1999年に行われたASEAN+3での朝食会にまで遡る。その後、2008年からはASEANの枠組みから独立し、日中韓首脳会談が定期的に行われるようになった。このような協力関係の拡大を背景に、より効率的で組織化された体制を作るため、2008年の日中韓行動計画で「サイバー事務局」の設立が掲げられ、2009年の日中韓首脳会談にて常設の日中韓三国協力事務局の設立も合意された。これを受けて2010年には「日本国政府,中華人民共和国政府及び大韓民国政府の間の三者間協力事務局の設立に関する協定」 が署名され、2011年9月より三国協力事務局がソウルにて活動を開始した[1]

共同訓練として日中韓三国防災机上演習(TTX)[2]も実施しており、アメリカ合衆国モンゴル国ロシア連邦も参加している[3]

任務及び活動[編集]

  1. 三国間の首脳会議、外相会議、その他閣僚会議、外務高級実務者協議等の三国政府の間の協議の仕組みの運営及び管理に対して事務的及び技術的な支援を提供し、並びに必要に応じて主要な協議にその代表を参加させること。
  2. 三国政府、及び必要に応じて他の国際機関、特に他の東アジア協力の枠組みとの連絡及び調整を行うこと。
  3. 三国政府の間の潜在的な協力案件を探求し及び特定すること。
  4. 協力案件を評価し及びこれらの案件に関する報告書を作成し、必要な文書をデータベースに収集し、並びに年次進捗報告を承認のために三国外相会議に提出すること。
  5. 三国間協力に関連する重要事項に関する調査を行い、事務局のウェブサイトを運営し、及び三者間協力を促進すること。[4]

歴代事務局長[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ TCS Japan. “事務局について”. 2013年5月17日閲覧。
  2. ^ TCS Website. “日中韓三国防災机上演習”. 2016年11月6日閲覧。
  3. ^ 外務省. “北東アジアにおける平和と協力のための共同宣言(仮訳)”. 2017年3月25日閲覧。
  4. ^ TCS Japan. “任務及び活動”. 2013年5月17日閲覧。

外部リンク[編集]