テュルク評議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テュルク語諸国協力評議会
(テュルク評議会)
  メンバー   将来的なメンバー   北キプロス
  メンバー
  将来的なメンバー
本部
(かつ最大の都市)
公用語[1]
メンバー[3]
首脳
 -  事務総長 Halil Akıncı
成立 2009年10月3日
ウェブサイト
turkkon.org/
モルディブバングラデシュブータンネパールスリランカインドミャンマータイ王国カンボジアラオスベトナムブルネイインドネシアマレーシアフィリピンシンガポールアフガニスタンパキスタントルクメニスタンイランアゼルバイジャンカザフスタンキルギスタンタジキスタンウズベキスタン中華人民共和国ロシアトルコ日本モンゴル大韓民国バーレーンクウェートオマーンカタールサウジアラビアアラブ首長国連邦南アジア地域協力連合ベンガル湾多分野技術経済協力イニシアチブメコン-ガンガ協力東南アジア諸国連合上海協力機構テュルク評議会経済協力機構湾岸協力会議アジア協力対話
アジアの国と地域組織の相互関係 vde

テュルク評議会(テュルクひょうぎかい、英語: Turkic Councilアゼルバイジャン語: Türk Şurasıカザフ語: Түркі кеңесіキルギス語: Түрк кеңешトルコ語: Türk Keneşi、正式名称: テュルク語諸国協力評議会、英語: Cooperation Council of Turkic-Speaking States、略称:CCTS、トルコ語: Türk Dili Konuşan Ülkeler İşbirliği Konseyi)は、テュルク諸語を公用語とする国家により構成される国際組織である。

歴史[編集]

1992年以降、テュルク語諸国家サミットがテュルク語諸国家の間で開催されていた。

2009年10月3日、このサミットに参加していた国の内4つがナヒチェヴァンで設立協定に合意した。

2019年5月24日、テュルク評議会の提唱者であるカザフスタンの元大統領ヌルスルタン・ナザルバエフを加盟国の満場一致で名誉総裁に選出した[4]

メンバー[編集]

人口 面積 (km²) GDP 一人当たりGDP
(2011)[5]
試算一人当たりGDP (2015)[5]
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン 9,165,000 86,600 981.6億USドル 10,340USドル 16,758USドル
 カザフスタン 16,600,000 2,724,900 1,823億USドル 13,484USドル 17,946USドル
キルギスの旗 キルギス 5,356,869 199,900 108億USドル 2,363USドル 3,005USドル
トルコの旗 トルコ 73,722,988 783,562 7,353億USドル 10,106USドル[6] 16,778USドル

将来的なメンバー[編集]

人口 面積 (km²) GDP 一人当たりGDP
(2011)[5]
北キプロスの旗 北キプロス 294,906 3,355 39億USドル 16,158USドル
 ウズベキスタン 27,606,007 447,400 861億USドル 3,248USドル
トルクメニスタンの旗 トルクメニスタン 5,110,000 488,100 319.66億USドル 7,357USドル

組織[編集]

テュルク評議会は3つの本部を持つ。事務総局はトルコイスタンブールに、テュルク語アカデミーは1992年に設立され、カザフスタンアスタナにある (以前はアルマトイにあったが、1997年の遷都に伴いアカデミーも新首都へと移転した) テュルク語国家議会はアゼルバイジャンバクーに1998年に設立された。事務総局以外の二つの組織はテュルク評議会に組み入れられている。

テュルク評議会は以下の組織により構成されている。

参加国の大統領は2年に1度、定められたテュルク語国家内の場所において首脳会合を行う。官僚や宗教学者による会合は定期的に行われる。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]