地中海連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

地中海連合(ちちゅうかいれんごう、フランス語Union pour la Méditerranée[1]は、欧州連合 (EU) の加盟国地中海沿岸国による共同体。2008年7月13日フランス大統領ニコラ・サルコジにより設立された[2][3]。もともと地中海連合はサルコジがトルコのEU加盟に反対していた一方で、トルコを加えた新たな地域統合の構想の枠組みとして提唱していたものであったが[4]、2008年3月に構想段階での規模が縮小されたことで、トルコのEU加盟の代替案という考え方は破棄された。トルコは2008年に地中海連合をEU加盟の代替としないという保証を求め、そのうえで地中海連合に参加することを受け入れた。

歴史[編集]

ニコラ・サルコジは大統領選挙活動中に地中海連合創設構想を提唱した。

提唱[編集]

地中海連合構想はもともとサルコジの大統領選挙中に主張されたものである[5][6][7]。この大統領選挙でサルコジが勝利したことを受けて地中海連合構想は具体化されていった[8][9]。地中海連合の対象となる見込みの地域にはイスラム世界が含まれているが、サルコジは地中海連合がイスラエルと近隣のアラブ諸国との和平を促す役割を果たすと考えている。今後地中海連合の中心的な機関の中心は、2008年のフランスのEU議長国の任期末までに設置されることが見込まれている[10]。2007年10月23日にサルコジは地中海沿岸諸国の首脳に対して、2008年6月にフランスで「厳格な平等の原則に基づく政治的・経済的・文化的な統合体設立の基礎を構築する」首脳会議を開くことを伝えた[11]

批判[編集]

ところがこの時点で細部がまだ画定していなかったことから批判が集まった。それに加えて地中海連合と、既存の欧州・地中海パートナーシップ(バルセロナ・プロセス)との関係について、地中海連合の設立によりEUの地中海政策の効率が低下し、また南欧諸国が不評のEUの地中海政策から離れ、地中海連合に関心を集中させることになるのではないかという主張もなされるようになった。また世論が形成されないなかでEU・地中海連合間での経済政策や人権問題政策での競合についても争点となった。さらにEUの警察・刑事司法協力 (PJCC) との重複も問題とされた[12]

規模の縮小[編集]

2008年に入り、サルコジはEU域内や欧州委員会に広がった反対論を受けて地中海連合構想の規模を縮小させた[13]。同年2月末にヨーロッパ担当相ジャン=ピエール・ジュイエはこの地域における既存のEU機構と政策を完遂し、充実させるために「地中海の連合 (Union méditerranéenne)」は断念し、「地中海のための連合体 (Union pour la Méditerranée)」を目指すと述べた[1]。その後のドイツ連邦首相アンゲラ・メルケルとの会談で、地中海沿岸諸国に限らず、既存のバルセロナ・プロセスに基づいて地中海連合を設立することで合意した。またトルコも地中海連合をEU加盟の代替案としないという言質をフランスから得たことを受けて、地中海連合への参加に同意した。これらを受けて地中海連合は2008年7月13日に発足する運びとなった[3]

機構と目的[編集]

地中海連合はEUよりも緩やかな連合体である。サルコジは地中海沿岸の市民にEUと「同じことを同じ目標と同じ手段で行う」ことを求めたにもかかわらず、サルコジは地中海連合はEUモデルに基づくものではないとも述べている[11]。しかし2008年に構想の縮小が進められると、欧州投資銀行にならった地中海投資銀行など多くの案が撤回され[8]、かわりにより実務的な案に焦点が当てられるようになった[14]

当初の案では、参加国はEUの理事会をモデルとした、議長国を輪番制とする常設の理事会を設置し、エネルギー安全保障カウンターテロリズム移民貿易を扱う場とすることになっていた。またフランスは自らが持つ原子力エネルギー技術を北アフリカに提供し、その引き換えに天然ガスを手に入れようと考えていた。地中海沿岸諸国とEUは政治汚職テロリズム組織犯罪人身売買といった司法分野で共同で行動し、一部の機関を共有することも含まれていた。バルセロナ・プロセスに対してEUのすべての加盟国を含む一部で失敗とみなされていた。これは地中海沿岸諸国がより明確な方向性を求めていたのに対して、北ヨーロッパ諸国の地中海政策への関心が薄かったことによるものである。当初案での狙いとは、ヨーロッパでの関心と協力の欠如を起こさないということであった[9][8][2]

参加国[編集]

地中海連合はすべてのEU加盟国と地中海沿岸諸国で、バルセロナ・プロセスにも参加している国などである[3]。これはヨーロッパ、北アフリカ、中東の間での「架け橋」を築くという考え方によるものである[8]

当初は、EU加盟国でも地中海に面するフランススペインイタリアスロベニアマルタギリシャキプロスだけを参加国とし、そのほかのEU加盟国を発言権のないオブザーバとすることになっていた[11]。ところがこれらの国々、とくにドイツなどは影響力を持つことのできないような構想に対してEUの資金を使うことを承認することはできないとして反発した[13][3]

2008年7月に発足した地中海連合の参加国
  EU加盟国
  EU非加盟国
                     斜線はオブザーバ国
欧州・地中海パートナーシップ参加国
  EU加盟国
  EU加盟候補国
  パートナー
  オブザーバ
人口 面積
km2
アルバニアの旗 アルバニア 3,600,523 28,748
アルジェリアの旗 アルジェリア 33,333,216 2,381,740
欧州連合の旗 オーストリアの旗 オーストリア 8,316,487 83,871
欧州連合の旗 ベルギーの旗 ベルギー 10,584,534 30,528
ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ 3,981,239 51,197
欧州連合の旗 ブルガリアの旗 ブルガリア 7,679,290 110,912
クロアチアの旗 クロアチア 4,453,500 56,542
欧州連合の旗 キプロスの旗 キプロス 766,400 9,251
欧州連合の旗 チェコの旗 チェコ 10,306,709 78,866
欧州連合の旗 デンマークの旗 デンマーク 5,457,415 43,094
エジプトの旗 エジプト 80,335,036 980,869
欧州連合の旗 エストニアの旗 エストニア 1,342,409 45,226
欧州連合の旗 フィンランドの旗 フィンランド 5,289,128 338,145
欧州連合の旗 フランスの旗 フランス 63,392,140 674,843
欧州連合の旗 ドイツの旗 ドイツ 82,314,906 357,050
欧州連合の旗 ギリシャの旗 ギリシャ 11,125,179 131,990
欧州連合の旗 ハンガリーの旗 ハンガリー 10,066,158 93,030
欧州連合の旗 アイルランドの旗 アイルランド 4,239,848 70,273
イスラエルの旗 イスラエル 7,184,000 20,770
欧州連合の旗 イタリアの旗 イタリア 59,131,287 301,318
ヨルダンの旗 ヨルダン 5,924,000 89,342
欧州連合の旗 ラトビアの旗 ラトビア 2,281,305 64,589
レバノンの旗 レバノン 4,099,000 10,452
欧州連合の旗 リトアニアの旗 リトアニア 3,373,991 65,303
欧州連合の旗 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク 476,200 2,586
欧州連合の旗 マルタの旗 マルタ 404,962 316
モーリタニアの旗 モーリタニア 3,069,000 1,030,700
モナコの旗 モナコ 32,671 2
モンテネグロの旗 モンテネグロ 678,177 13,812
モロッコの旗 モロッコ 33,757,175 446,550
欧州連合の旗 オランダの旗 オランダ 16,372,715 41,526
パレスチナの旗 パレスチナ[15] 3,800,000 6,020
欧州連合の旗 ポーランドの旗 ポーランド 38,116,486 312,683
欧州連合の旗 ポルトガルの旗 ポルトガル 10,599,095 92,391
欧州連合の旗 ルーマニアの旗 ルーマニア 21,565,119 238,391
欧州連合の旗 スロバキアの旗 スロバキア 5,396,168 49,037
欧州連合の旗 スロベニアの旗 スロベニア 2,013,597 20,273
欧州連合の旗 スペインの旗 スペイン 45,116,894 506,030
欧州連合の旗 スウェーデンの旗 スウェーデン 9,142,817 449,964
シリアの旗 シリア 20,314,747 185,180
チュニジアの旗 チュニジア 10,102,000 163,610
トルコの旗 トルコ 70,586,256 783,562
欧州連合の旗 イギリスの旗 イギリス 60,587,300 244,820
オブザーバ国 人口 面積
km2
リビアの旗 リビア 6,036,914 1,759,540

反応[編集]

アラブ連盟[編集]

1億8760万人の人口を擁するアラブ連盟は地中海連合全体の人口の25%を占めているが、その内部で地中海連合に対する賛否が巻き起こっている。

モロッコ[16]チュニジアは地中海連合に賛成している[8]

リビア政府は地中海連合案に関心を持っており、対外連絡国際協力担当全国人民委員会書記(外相に相当)のアブドッラフマーン・シャルガムを、サルコジの訪問に先立ってチュニジアアルジェリアへ送り、両国の大統領と地中海連合について協議した。この中でリビア側は、フランスがアラブ・マグレブ連合諸国に対して、地中海協力の名のもとに自らの覇権を強いることをムアンマル・アル=カッザーフィーが拒絶していると呼びかけ、地中海連合について北アフリカ諸国が発言する前に計画を公にすることはフランスの誤りであると発言した[17]

2008年6月11日、シリアエジプトアルジェリアモーリタニア、モロッコ、チュニジアのアラブ諸国の首脳がトリポリでの会談の中で地中海連合に関する協議を行い、アラブ連盟のほかの加盟国の地中海連合に対する態度や、ドイツが地中海連合に全EU加盟国を加えるロビー活動を行っていることについて話し合った[18]。レバノン大統領ミシェル・スライマーンはフランス大統領のレバノン訪問中に、レバノンが地中海連合構想に対する支持を公言した。

2008年7月12日、アラブ諸国はパリでアラブ連盟事務総長参加のもとで会合を開き、地中海連合関連の諸案について協議した。アラブ連盟の地中海連合に対する公式な反応は懐疑的なもので、事務総長アムル・ムーサは地中海連合の創設以前に中東では地域問題を協議しなければならないとしている。つまりイスラエルイランを念頭において、中東の非核化や、イスラエルに対する過去60年間で出されたおよそ70にのぼる国連決議などの国際法の適用と対応を求めている。

2008年7月13日、ヨルダンモーリタニアを含む地中海沿岸のアラブ諸国首脳が集まって会議を開いた。ただしその場にはリビア首脳とモロッコ国王は出席していなかった。

欧州連合[編集]

地中海連合構想に対してスペイン、イタリア、ギリシャ[19]は支持する構えを見せていた。ところがEU、そしてドイツは地中海連合構想に警戒していた。また欧州委員会も、地域協力を促進させる動きは良いとする一方で、既存の機構の枠組みで設置されるべきだともしていた。これは、欧州委員会としてはバルセロナ・プロセスが成果を挙げているということを示す意向によるもので、サルコジの構想はそのバルセロナ・プロセスを根底から覆すものになるためである。欧州委員会とEU主要機関はサルコジの構想について、より精査する必要があると考えていた[20][11]

反対論[編集]

ドイツ外相フランク=ヴァルター・シュタインマイアーは地中海連合構想の動きに対して警戒し、地中海連合はEUやバルセロナ・プロセスと競合しないようにするべきであると強く主張した[21]。2007年12月、ドイツ連邦首相アンゲラ・メルケルは、EUの核を分裂させ、また脅かしかねないとしてサルコジ案を批判した。とくにメルケルは地中海連合にEU加盟国の一部しか含まれず、そのほかの加盟国が除外されているにもかかわらず、EUの資金を投じて地中海連合を創設しようとするのは、EUの危機を招くもので受け入れられないと発言している[20]。2008年にスロベニアがEU議長国となると、同国首相ヤネス・ヤンシャは「機関の重複、EUと競合するような機関、EUの一部と近隣諸国の一部だけのための機関は必要ではない」と批判した[22]。もともと地中海連合には、仏独を軸にしていたEUが東方・北方へ拡大するに従ってドイツ中心が明確化してきた(地理的位置、ドイツ系人口の増大、歴史的にドイツの影響が強い旧東欧諸国の増加など)フランス側の苛立ちがあるとされ、さりとて北アフリカ諸国をEUに加入させることも不可能なため構想されたとの側面もあり、ドイツ、旧東欧の警戒心はこれに由来する。

マルタ[編集]

サルコジは2007年の大統領選挙運動中にトゥーロンで地中海連合構想の概要をまとめたさい、その参加候補国にフランス、ポルトガル、スペイン、イタリア、ギリシャ、キプロスを挙げたが(ちなみにポルトガルの海岸線は全て大西洋に接しており、地中海とは関係ない)、マルタを含め忘れたことで、マルタ政府の反感を買った。駐仏マルタ大使ヴィッキ=アン・クレモナはサルコジの失態に対してマルタ政府の遺憾の意を表した文書を送付した。またクレモナは当時国民運動連合の大統領候補だったサルコジに対して、EU・地中海議会会議の当時開催国であったマルタの役割についても言及していた。サルコジはただちにマルタの地中海地域における重要性を認識しているとしたうえで謝罪文を送った。当時内相であったサルコジは欧州対外国境管理協力機関 (FRONTEX) の訓練にマルタを招き、マルタの地中海連合への参加のためになりふりかまわず事態を収束させようとした[23]

規模の縮小[編集]

ヨーロッパ諸国の批判を受けて、サルコジは自らの地中海連合構想の縮小を余儀なくされた。ドイツの反感で仏独両国の首脳会談が2008年の6月まで、3か月間先延ばしになったが、サルコジはなおも同年7月13日に関連EU加盟国と地中海南岸諸国との首脳会談を開くことにこだわった。このことは地中海に面しないEU加盟国が事後承認するだけとなるとして反感を買うこととなった[13]

地中海東岸諸国[編集]

イスラエル大統領シモン・ペレスはサルコジの提案を積極的に見ている一方で[24]、トルコは自らのEU加盟の代替策にされかねないとして地中海連合案を拒絶していた[9]。2008年3月に地中海連合をEU加盟の代わりとしないということが確認されると、トルコは自らの参加を受け入れることに決めた[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Vucheva, Elitsa France says it has no preferred EU president candidate, EU Observer 2008年2月27日 (英語)
  2. ^ a b Sarkozy sounds out basis for Mediterranean Union, Euractiv.com 2007年7月16日 (英語)
  3. ^ a b c d e Turkey, reassured on EU, backs 'Club Med' plan, ガーディアン 2008年3月4日 (英語)
  4. ^ Sarkozy: "Turkey could be the backbone of a Mediterranean Union", Turkish Press Review 2007年2月8日 (英語)
  5. ^ Holm, Carl Sparks Expected to Fly Whoever Becomes France's President, ドイチェ・ヴェレ 2007年2月13日 (英語)
  6. ^ [Royal v Sarkozy: The policies], BBCニュース 2007年2月15日 (英語)
  7. ^ Roundup: French presidential hopeful Sarkozy presents vision on foreign policy 人民網 2007年3月2日 (英語)
  8. ^ a b c d e Bennhold, Kartin Sarkozy's proposal for Mediterranean bloc makes waves, インターナショナル・ヘラルド・トリビューン 2007年5月10日 (英語)
  9. ^ a b c Goldirova, Renata Turkey angered by Sarkozy 'Mediterranean Union' idea, EU Observer 2007年5月18日 (英語)
  10. ^ We are ready to create a Mediterranean Union, フィガロ 2007年5月31日 (英語)
  11. ^ a b c d Goldirova, Renata France muddies waters with 'Mediterranean Union' idea, EU Observer 2007年10月25日 (英語)
  12. ^ Behr, Timo and Ruth Hanau Santini Comment: Sarkozy's Mediterranean union plans should worry Brussels, EU Observer 2007年11月12日 (英語)
  13. ^ a b c Mahony, Honor Franco-German summit postponed amidst speculation of rift, EU Observer 2008年2月25日 (英語)
  14. ^ Balmer, Crispian Sarkozy's Med dream deflated by Germany, ロイター 2008年3月4日 (英語)
  15. ^ イスラエルの主張により国家承認されておらず、またガザ地区は政府の統治下に置かれていない。
  16. ^ Morocco 'to strongly adhere to Mr. Sarkozy's Mediterranean Union Initiative,' Minister, マグレブ・アラブ連合プレスリリース 2007年7月6日 (英語)
  17. ^ ليبيا تسعى لمحاصرة مشروع ساراكوزي المتوسطي, Libya Alyoum 2007年7月14日 (アラビア語)
  18. ^ Moss, Dana Defining a better Mediterranean union, AlArabiya.net 2008年4月21日 (英語)
  19. ^ Karamanlis, Sarkozy register close political, economic ties, NEW EUROPE 2007年8月4日 (英語)
  20. ^ a b Mahony, Honor Merkel criticises Sarkozy's Mediterranean Union plans, 2007年12月6日 EU Observer (英語)
  21. ^ Germany cautious on Sarkozy's Mediterranean bloc plan, EUBusiness 2007年7月5日 (英語)
  22. ^ Keller, Caroline Slovenia criticises French Mediterranean Union proposal, EU Observer 2008年1月17日 (英語)
  23. ^ Debono, James Tough guy Sarko says ‘desole’ to Malta, Malta Today 2007年4月25日 (英語)
  24. ^ Mediterranean Union: Peres views Sarkozy's suggestion positively, European Jewish Press 2007年5月7日 (英語)

外部リンク[編集]